アクリルは洗濯すると毛玉になりやすい!そんなアクリルの洗濯方法や伸びない干し方【まとめて教えます】

アクリルたわし

風が冷たくなったら活躍するマフラーや手袋にはアクリルが混ざっていることも多く、しばらく使っていると「毛玉ができた」「伸びてきた」などのトラブルが発生します。

洗濯すると縮んでしまうのではと心配にもなり「クリーニングに出すしかないのか」と諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。そんなアクリルもポイントを押さえれば、縮みを食い止めて洗濯することができるのです。

ここでは「アクリルの特徴」「洗濯頻度」「洗濯に必要なもの」「洗濯前の注意点」「アクリルの洗濯方法」「アクリルの干し方」「アイロンを使ってもいいのか」「毛羽立ち・毛玉をできないようにするには・処置方法」「アクリル洗濯におすすめのグッズ」の順に詳しく解説します。

アクリルの洗濯は面倒だな…なんて思っている方は、じっくり読んで今後の洗濯の参考にしてください。

アクリルの特徴

アクリルニット

アクリルは冬に活躍するセーターやニット・帽子やマフラーなどに主に使われている素材で「軽い」「温かい」などのメリットもありますが、使っていくうちに「伸びてしまう」デメリットも持っています。

ウールに近い合成繊維

再生繊維と違いアクリルは石油を原料とした合成繊維です。風合いはウールに近く、軽くて温かい弾力性がありボリュームがでやすいことからも「冬の衣料」のよく使われています。

虫に強く型崩れしにくい

ウールのような風合いを持ちながら、虫がつきにくく何度着用しても型崩れしにくいことからも寒い冬には気軽に着用できる衣類としても人気があります。

吸水・吸湿性はウールに劣る

手入れが簡単なアクリルですが、吸水・吸湿性が低いので保温性はありますが同時に蒸れやすいデメリットもあります。摩擦に弱く、帯電しやすいので毛玉がウールよりもできやすいのもアクリル繊維の衣類を持っている方なら納得です。

縮みにくく伸びやすい

ウールやカシミヤなどの獣毛繊維は、水に濡れると繊維がかたくなり縮んでしまいますがアクリルは縮まないものの伸びてしまい目が粗らく見えてしまうのも欠点の一つです。

アクリルの洗濯方法

アクリルの毛糸
縮まないアクリルは、洗濯しやすそうに思われていますが「静電気が起きやすく毛玉ができやすい」性質を持っていますので「生地のどれくらいをアクリルが占めているのか」をまずは洗濯表示で確認しましょう。アクリルが多いほどに毛玉ができやすくなりますので、洗濯も丁寧にする必要があります。

洗濯機

手洗いマークや洗濯機マークがあるものは、洗濯ネットを使って洗濯機で洗うことができます。摩擦を軽減するためには「必ず洗濯ネットに入れる」ことを忘れてはいけません。繊維同士の摩擦を防ぐためにも、単品洗いをしましよう。

手洗い

洗濯機を使うと毛玉ができるのではないか?伸びてしまったら…と心配な方は迷わず手洗いをおすすめします。丈夫な素材ではあるものの、洗濯機で洗うことで摩擦はどうしても起こってしまいますのでお気に入りの衣類なら手洗いが良いでしょう。

アクリルの洗濯頻度

アクリルは非常に温かく冬に大活躍しますが、蒸れやすい特徴を持っています。セーターやニットにようにインナーの上から着るもの、帽子やマフラーなどの小物では汚れかたも違いますので使用回数によって洗濯も違います。

セーターやニットワンピなどの衣類

直接肌に触れる範囲が少ないので、そう頻繁に洗濯する必要はありませんが、蒸れやすく汗がこもりやすいこともあるので一度着用したら湿気を飛ばし休ませておきましょう。毛玉ができやすいころを考えると、2週間に1回程度の洗濯をおすすめします。

帽子やマフラーなどの小物

ニット帽やマフラーなどの小物にはアクリルを使ったものが多いです。特に帽子は、汗や整髪料・ファンデーションがつきやすく汚れやすいアイテムです。こちらは週に1回の洗濯できれいにしておけば、清潔な状態で着用できます。

アクリルの蒸れから守るために
アクリルは保温性はあるものの通気性が悪いので蒸れて汗をかきやすくなります。ニット類の場合にはインナーには通気性の高い綿素材のシャツを重ねるなどの工夫をしましょう。天然繊維をインにすることで、いやな蒸れも気にならなくなりますし快適に過ごすことができます。

アクリルの洗濯に必要なもの

アクリルを自宅で洗濯する前に必要なものを揃えておきます。通常の洗濯に使っている洗剤を使うことができますので、お気に入りの洗剤があればそれを使いましょう。

  • おしゃれ着用中性洗剤
  • 柔軟剤
  • 洗濯ネット
  • 洗面器
  • バスタオル

基本はおしゃれ着用の中性洗剤

アクリルは石油が原料の合成繊維ですが、特性から考えると中性洗剤を使うのが好ましいです。特に「手洗い表示」のみのアクリルの場合には、おしゃれ着用の中性洗剤を使ってください。弱アルカリ性の液体洗剤は合成繊維の洗濯にも向いていますので、アクリルの洗濯にも活用できます。ただ「手洗い」表示のあるものには、弱アルカリ性洗剤は使えませんので洗濯表示と洗剤の確認をして使うようにしましょう。

おしゃれ着洗剤を使って洗濯しよう!おすすめのおしゃれ着洗剤ベスト10選

アクリルを洗濯する場合の注意点

アクリルは他の繊維と混ぜて使われることも多く、それぞれに洗濯方法も異なります。必ず洗濯表示を確認し、それに合わせた洗濯方法を選びましょう。

アクリル混紡は手洗い

ウール・ナイロン・レーヨン素材は、アクリルと混紡繊維に使われやすいものです。このように、アクリル以外の繊維が混ざっているものは手洗いです。自宅で洗濯できるウォッシャブル繊維にはなってはいますが、混紡はすべて手洗いを行います。

水に弱い繊維が混ざっていた場合は手早く洗濯

レーヨンは水に弱く洗濯も短時間で終わらせるのがポイント。ドレスやカーテンなどは、レーヨンとアクリル混紡で手洗い表示が多いです。このように混ざっている繊維に合わせた洗濯方法を選びましょう。

柔軟剤は必ず使いましょう

おしゃれ着用の中性洗剤は柔軟剤を使わなくてもふんわりと仕上げてくれますが、アクリルは静電気が起きやすい素材ですので柔軟剤はマストアイテム。普段は使わない方もアクリルの洗濯には柔軟剤を使いましょう。

新しく購入した衣類は手洗いから始めましょう
シワになるにくい・縮み・型崩れも他の繊維と比較するとないなど優秀な繊維ではありますが、水に濡れたら生地がどうなつのかを確認するためにも初めての洗濯は手洗いをおすすめします。自分で触ることで、生地が縮んでいないのか・色落ちしまいかも確認できます。

アクリルを自宅で洗濯をしてみましょう

洗濯機・手洗いともに押さえるポイントは2つ。洗濯表示を確認したら「おしゃれ着用の中性洗剤で優しく洗う」「脱水は短め」これだけです。「アクリルは自宅で洗濯できるから」と洗濯表示も見ずに洗濯することだけは避けましょう。

基本の手洗い

色あせや色落ちはしにくいので、シミや汚れがあるところには直接洗剤をつけてしばらく置いておきます。

1:洗面器に洗濯液をつくります

洗面器に水を張ったら洗剤を入れて溶かしておきます。しばらく洗濯しまかったものは、つけ置きしておいても良いでしょう。

2:軽く押し洗い

30秒押し込んで手を離すを3回程度繰り返し、汚れをしっかりかき出します。つけ置き洗いしても水で縮むことも少ないので5分程度つけ置きしても良いでしょう。「

3:すすいで脱水

洗剤をしっかりすすいだら、洗濯ネットに入れて洗濯機で10秒脱水します。ネジって絞ったりしないように気をつけましょう。

4:柔軟剤を含ませる

最後の仕上げは柔軟剤でふんわり仕上げです。柔軟剤を使うと、静電気が起こりにくくなり毛玉もできにくくなりますので是非使いましょう。柔軟剤の液につけたら再び脱水し終了です。

洗濯機を使う

アクリル100%のものは洗濯機で洗えますので、「ネットに入れてコースを選ぶ」だけです。他のおしゃれ着と一緒に洗ってしまうと、衣類がぶつかり毛玉ができやすくなりますので注意しましょう。

1:洗濯ネットに入れる

アクリルは弾力性も高いので、洗濯ネットに入れると膨らんでしまいますが全体的に余裕がある洗濯ネットならOK。

裏返にし、汚れが外側にくるよう軽く折りたたみ洗濯ネットに入れます。フリンジのついたマフラーは、フリンジを内側に折り込むようにして使いましょう。

2:洗濯コースは「手洗い」又は「ドライコース」

洗剤と柔軟剤をセットしたら、洗濯ネットに入れた衣類を真っ直ぐに洗濯機をにいれてスイッチを入れます。洗濯は洗濯機にお任せして、脱水の時だけ手早く取り出します。

3:脱水は短時間

摩擦を防いで毛玉を予防するためにも、脱水は10秒程度で終わらせます。脱水が短いと思うのであれば、バスタオルに挟んで水をきりましょう。

アクリルの干し方は?ハンガー干しや乾燥機は使える?

ニット
アクリルは熱に弱いので、乾燥機を使うと変形したり伸びてしまい元に戻らなくなります。脱水後には、バスタオルで軽く水を切れば他の繊維よりも乾きやすいので乾燥機などは使わないようにします。

基本は平干し

アクリルは伸びやすい繊維ですので、ハンガーにかけたり物干し台に引っ掛けて干すのはやめましょう。風通しのよい日陰で平干しか2ハンガーにまたがってかけるM字干しがおすすめ。

ハンガーが細くて不安定な場合には、タオルを巻いて厚みを持たせると跡にもなりにくく伸びにくくなります。

アイロンの使用は控えましょう

メリノウールやカシミアセーターなどはアイロンを使うことで「ふんわり感」を出すことができますが、アイロンの熱はアクリルにはご法度。混ざっている繊維にもよりますが、シワになりにくいのでしっかり伸ばして干せばアイロンは必要ありません。

スチームの蒸気だけを当てることもできますが、熱が加わると縮んでしまいますので低温にセットし当て布を使い短時間で手早く終わらせるようにしてください。

アクリルでできる毛玉を押さえる方法はある?

毛玉取り
どんなに注意をしていてもアクリルは毛玉や毛羽立ちが目立ちます。脇や袖口はもちろんですが、バックやリュックなどの小物と擦れることでもどんどん毛玉が広がるので「とってもとってもできる」と諦めてしまう方も少なくありません。アクリルに毛玉取りを使うと、繊維そのものを一緒に削るので生地がどんどん薄くなりやせていきます。毛玉は取るよりも予防することを考えましょう。

洋服ブラシをかけること

繊維の目に合わせて、着用したあとはブラシでやさしくケアしましょう。繊維を寝かることで絡みが少なくなり毛玉ができにくくなります。

連続で着用しないこと

着用回数が多ければ、それだけ摩擦の起こる回数も多くなります。一度着用したら最低でも1日は休ませておくことで繊維も落ち着いて毛玉の予防になります。

重ねるものの大きさにも注意

キツイサイズを着ればそれだけ摩擦も起きやすくなりますし、大きなものの上から小さなものを重ねても摩擦は起こりやすくなります。小さなものには大きなものを重ね、大きなサイズにはさらにゆったりしたサイズを合わでできるだけ繊維同士がこすり合わないように気をつけましょう。

静電気防止・毛玉防止スプレーを使う

どちらも「静電気」の発生を抑えることで、毛玉ができにくい状態にしてくれます。着用前にスプレーをすれば、静電気を起こしにくくし安心して着用できます。

クリーニングで毛玉はできにくくなるのか?
アクリルを使った衣類などは、手洗いもできますがクリーニングに出せるものが多いです。プロに任せれば摩擦も起こらず、毛玉もできないだろうと考えるものですがアクリルそのものが絡みやすいので、長期間着用すればクリーニングに出しても毛玉はできます。自宅で洗濯するよりができにくい程度ですので、毛玉に関しては期待しない方が良いでしょう。

アクリルの洗濯におすすめのグッズ

アクリルの洗濯にはおしゃれ着用中性洗剤を使いますが、干すのはハンガーではなく平干しネットがあると便利。また乾いたあとのお手入れに静電気防止や毛玉防止スプレーを使っておくと日常的なメンテナンスも楽になります。そんなおすすめのグッズを何点か紹介しましょう。

Lot’s 物干しネット

Lot's 物干しネット
引用:Amazon

ニットにセーターなど、ハンガーで干せないデリケートな素材を形を整えて簡単に干すことができるひら干しハンガーは、自宅でデリケートな素材を洗濯する方の必須アイテム。

ワイドサイズの3段構造で、大きなものも安心して干すことができる安定設計になっています。ストッパーがついていますので、洗濯ものがずれたり落ちる心配もなく、通気性バツグンのメッシュ構造。フック部はハサミ式になっているので、風が吹いても洗濯ものが落下することもなし。畳むとコンパクトになりますので、場所もとらず色んなものを楽に干すことができます。

テスコム 毛玉取り器

テスコム毛玉取り
引用:Amazon

大型カッターは繊細な衣料の毛玉もきれいに取り去ってくれます。広範囲の毛玉を手早くとってしまいたい時や、ハサミで衣類を傷つけたくない方には使いやすく便利なグッズ。風合いガードをつければ、生地が傷むかも…と心配することもなく3段階の毛足の長さで調節できます。

エレガード 静電気防止スプレー

エレガード
引用:Amazon

スカートのまとわりつきをガードするエレガードは、静電気を防止するスプレーですがアクリルニットやウールセーターなどにスプレーすることで、大切な衣類を毛玉から守ってくれます。洋服ブラシで毛足を揃えたらシューッとひとふきするだけの簡単ケア。ほこりの吸着からもガードするので、色んな衣類に使えます。

まとめ

アクリル素材は摩擦に弱いので、毛玉ができるのが心配であれば手洗いも洗濯ネットを使うのもおすすめです。メリノウールやカシミアセーターなどのデリケートな素材を扱うように洗濯すれば、いつまでも温かくふんわりした風合いを楽しむことができます。

まずは手洗いにチャレンジし、コツがつかめたら洗濯機を上手く使って気楽に洗濯をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です