ドライセキユ系マークの洗い方はクリーニング?【ホームクリーニングとの違い】

ドライクリーニングマーク

衣類を洗濯する場合、洗濯表示を確認しますが「ドライやドライセキユ系マーク」がついたものの中には「手洗い表示」や「水洗い」マークを見たことはないでしょうか?

ドライセキユ系マークがついていると「クリーニングに出した方がいいのかな」と思ってしまいますが、手洗い表示があると自宅でも確か洗濯ができる…と悩んでしまいます。

ドライセキユ系マークの意味するところ、この表示があるものはどんな洗い方をすればいいのかなどを詳しく説明します。

ドライセキユ系マークを始めとする洗濯表示が変わりました


洗濯表示は2016年12月に改正されており、それ以前のものと以降のものでは表示が異なっています。

2016年12月以前のドライ表示

こちらは2016年12月以前の洗濯表示です。

ドライ・ドライセキユ系の2種類の表示があり、それぞれにどのようなドライクリーニングができるのかを表しています。

"2016年12月以降ドライの表示

新表示ではシンプルになり、ドライ・ドライセキユ系の文字が消え「パークロロエチレン」を意味する『p』と「石油系溶剤」を意味する『F』の表示になっています。アルファベット表示に切り替わり「ドライクリーニングできるかできないか」は『×マーク』で判断はできるようになっています。

洗濯表示そのもが大きく改正されていますので、2016年12月以降に製造されたものにはすべて新表示がされておりそうでないものには「ドライ・セキユ系」の表示がされています。

ドライ、ドライ・セキユ系の意味は洗い方の表示

「ドライ・セキユ系」「ドライ」と書かれたマークはクリーニング業者に「この衣類に使える溶剤」を指示したマークです。消費者側からは「ドライクリーニングができるのかそうでないのか」をハッキリ認識できる表示でしたが、クリーニング業者向けにより細かく指示ができるようなマークへ変化したのです。

古い表示では、「パークロロエチレン及びセキユ系溶剤によるドライクリーニング」「セキユ系溶剤によるドライクリーニング」のどちらかが適している表示でしたが、近年の繊維の変化によって「パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニング」「パークロロエチレン及び石油系溶剤による弱いドライクリーニング」「石油系溶剤によるドライクリーニング」「石油系溶剤による弱いドライクリーニング」とクリーニング方法が4種類に変化しています。

どんなクリーニングが適しているかわからなくても、クリーニングマークに「×」があるのかないのかをチェックすれば「クリーニングに出せるのか・出せないのか」の判断はできます。

ドライクリーニングの洗い方には種類があります

ドライクリーニングは石油系溶剤を使っていることは皆さんもご存知だと思いますが、「ドライ」と「ドライ・セキユ系」は何が違うのかはわかっていないのではないでしょうか。

ドライ(パークロロエチレン)

日本ではこの「ドライ」だけの表示の衣類はほとんど見かけることはなくなりましたが、塩素系の有機溶剤で油汚れなどの頑固な汚れを落とすことができます。短時間で洗濯乾燥できることから、利便性がありますが有害物質の発生も懸念されていることから日本ではほとんど使われてはいないようです。

ドライ・セキユ系(セキユ系溶剤)

油脂溶解・比重も小さいために、デリケートな衣類の洗濯に適したクリーニング溶剤として日本では主流になっています。ドライ・セキユ系の洗濯表示は「石油系溶剤で洗えます」ということです。

このマークには『エンソサラシ』に×マークがついていることが多いのは「塩素系漂白剤を使うと色落ちします」の意味でもあります。石油系溶剤で洗うドライクリーニングに不安を持つ方もいますが、水を使うと傷んでしまう生地のための特殊な溶剤で安全性も高く溶剤をコントロールすることで水汚れも油汚れもしっかり落とすことができます。

衣類にドライ・セキユ系の表示があるものの中には「水洗いができる」表示がついているものもあります。メーカーサイドでは「日本のクリーニング技術の高さ」から。手洗いで型崩れするよりもクリーニングで購入当時の状態をキープしたほうがいいですよという意味でつけていることが多いです。

ドライ・セキユ系表示のアイテムにはどんなものがあるの?

素材や衣類によってもドライ・セキユ系表示がないものもありますが、概ね以下の衣類にはドライ・セキユ系表示がついています。

  • コート類
  • スーツ
  • 着物
  • ドレス
  • ネクタイ
  • 化繊混紡素材

繊維が水洗いによって縮みがおきてしまうものや、光沢が失われてしまうもの、色落しやすいもの、型崩れがおきやすいデザインや素材の衣類などはドライ・セキユ系の洗濯表示がついています。

ドライ・セキユ系マークに×があるものはクリーニングには出せない?

ドライできない衣類
ドライ・セキユ系マークはドライクリーニングができる表示ですから、それに『×』がついているものはクリーニングすることができません。このような衣類には「手洗い」表示がありますので、家庭で洗濯するのが好ましい素材となります。クリーニングを依頼しても、クリーニング不可の表示があれば断られますので、このようなものは家庭で洗濯してください。

もし、家庭で洗濯する時間がなかったり、型崩れが心配であればプロの行う「ウェットクリーニング」をやってくれるクリーニング店に相談してみましょう。基本は家庭の水洗いと原理は同じですが、使っている洗剤が異なることや「しみ抜き」などのサービスがセットになっているところもあります。ドライクリーニングと比較すると代金は割高になりますので、家庭で洗えるものはホームクリーニングした方が良いかもしれません。

間違えないで!ホームクリーニングとドライクリーニングは別物です

洗濯機にはドライコースもありますし、おしゃれ着用洗剤は「ドライクマークも洗えます」と記載してあることからも「クリーニングに出さなくても自宅でクリーニングできる」と勘違いしている方もいるようです。

これは「ドライクリーニングできる」わけではなく「ドライクリーニングマーク且つ水洗い表示があるものは洗濯できます」の意味ですから、ドライ・セキユ系やドライマークのみの衣類はどんな優秀な洗剤を使ってもクリーニングはできません。

あくまでも「ドライクリーニングができるのか・できないか」を表示したマークであることをよく理解し、適した洗濯方法を選びましょう。

衣類の洗濯は、ある意味で2つに分けられます。
一つ目が、洗濯のプロが行うクリーニング業としてのファッションメンテナンス。
二つ目が、家庭内で行われるいわゆる家庭洗濯です。

衛生確保という点では両者は共通しているものの、価値観や感性がさらに多様化する中で衣類を繰り返し着用するためには、汚れを落とすだけでなくその衣類特有の風合いやデザイン、着心地等をもメンテナンスしなくてはなりません。

ところがここ数年、家計の節約や高機能家庭用洗濯機の普及だけでなく、衣類と洗濯の相性に対して誤解をしていたり、洗濯を「汚れ落とし」とだけでしか認識がないばかりに、「クリーニング店にお願いしなくても自宅の洗濯機で出来るでしょ」と安易に考える方が多くなっています。
その結果、汚れは落ちても風合いや着心地が変化してしまい、その時になってはじめて「クリーニング店なら何とかしてくれるだろう・・・」と期待をもって、お店に駆け込むケースが後を絶ちません。」
引用:東京都クリーニング生活衛生同業組合

ドライ・セキユ系表示以外の表示で洗い方をチェック

ジムフレックス表示
ドライ・セキユ系表示は「ドライクリーニングができるのかそうでないか」をわかりやすく絵にしたものです。これしか洗濯表示にない商品は、クリーニング業者にお任せするしかありませんが、この他に「どんな表示がされているのか」をしっかり見れば「クリーニングに出さなくても、ホームクリーニング(手洗い)ができる」かを確認できます。

洗濯機で洗える表示がある

ドライセキユ系マーク以外に「洗濯機マーク」「手洗いマーク」があるものは、洗濯機か手洗いで洗濯ができます。「手洗いコース」「ドライコース」を選んで洗濯することができます。温度なども衣類によっては異なりますので、必ず表示に従って準備し洗濯を始めましょう。

手洗い表示がある

洗面器の絵が特徴的な「手洗い表示」があれば、おしゃれ着用洗剤を使った手洗いでの洗濯ができます。ドライ・セキユ系の表示があっても「手洗い」表示がある衣類もあります。このような場合は「ドライクリーニングが適していますが、水洗いができない素材ではありません」の意味になります。

基本的に手洗いできないわけではありませんが、デザインによっては洗い方が難しくクリーニングの方が綺麗な仕上がりになります。また、シミヌキで衣類を水につけなくてはならない時にはこの表示があると安心できる意味もありますので覚えておきましょう。

紅茶のシミができちゃった!【家庭で簡単に解決できる】方法を教えます

誰でも簡単にできるコーヒーの染み抜き方法!【こんな時どうするの?】を解決します

洗濯機・手洗い表示には水の温度が設定されています。これはクリーニング以外の洗濯をする場合に、生地を傷めずに洗い上げるために適した温度という意味です。素材によっては水に弱く縮みやすいものもありますので、このように細かい配慮がされています。

ドライ・セキユ系以外に水洗いマークはなぜついているのか

水洗い・ドライセキユ系可能
ドライ・セキユ系だけの洗濯表示がついているものは、主にコートなどの大きな衣類です。このようなアウターは、泥はねや食事の臭い、油汚れなどの外的な汚れが付きやすいものです。

ドライクリーニングはこのような油汚れに強くスッキリと落とせる特徴がありますが、反面として汗などの水溶性の汚れには弱いのです。このために「汗などの水溶性の汚れを水で落せます」という意味でも、手洗い表示がついているものも多くあります。

アイテムによっては、水洗いや手洗い可能でもドライクリーニングが適しているものもありますので、「手洗いできるから」と安易にホームクリーニングするのではなく「本当に必要な洗濯は何か」を考えてみましょう。

ドライ・セキユ系マークでも水洗い可能アイテムの洗濯方法

洗面器とエマール
ドライ・セキユ系マークだけでなく、洗濯機マークや手洗いマークがついた衣類は「おしゃれ着用の中性洗剤」を使います。漂白剤は使えませんので、シミや頑固な汚れがある場合にはクリーニング業者にお願いしましょう。

用意するもの

  • おしゃれ着用中性洗剤
  • 柔軟剤
  • 洗濯ネット
  • 洗面器

洗濯機で洗う

洗濯したい衣類だけを畳んで洗濯ネットにいれ、中性洗剤と柔軟剤をセットしたら「ホームクリーニング」や「手洗いコース」を洗濯しボタンを押すだけです。

自動で水の温度を調節できるものであれば、そのままセットして洗うことができますし温度調節ができない場合には、お湯を使うなど工夫をしてください。

よりやさしく洗濯したい場合には、裏返して畳むと装飾などが取れたりする心配もありませんので「手洗いのように優しく洗濯したい」場合には試してみましょう。

手洗いする

衣類が入る洗面器がなければ、洗面台を使うとスペースもあるので洗いやすくなります。洗面器にラベルに表示されている温度のぬるま湯をセットしたら、おしゃれ着用洗剤を水量に合わせて溶かします。

衣類は畳んだまま優しくぬるま湯につけていき、全体的に洗剤がいきわたるように押し洗いしましょう。汚れがある程度出たら、ぬるま湯を入れ替えて洗剤がなくなるまですすぎます。

すすぎが終わったら、柔軟剤を5ml程度ぬるま湯に溶かして衣類をつけましょう。脱水はバスタオルを使うか、ネットに入れて1分以内で終わらせてください。

洗濯が終わったら手早く脱水し、形を整えて陰干しします。上着などが肩幅のしっかりしたハンガーを使い、パンツやスカートはピンチハンガーを使って風が入るようにすると乾きも早くなります。

ドライセキユ系マークがついていても、洗濯機や手洗いマークがあるものはホームクリーニングができます。中には汚れが酷く「おしゃれ着用洗剤で汚れが落ちるのか心配」な方もいるでしょう。一般的な液体洗剤や粉せっけんは、洗浄力は高いのですがデリケートな素材を洗うと傷みや色あせを起こしてしまうことがります。石油系溶剤を使ってあらえるのだから…と考えるかもしれませんが汚れの落とし方がクリーニングと家庭での洗濯には差があります。手洗いや洗濯機のドライコースは、水流も穏やかで短時間で洗えるようになっていますので、それに適した洗剤を使うことが大切です。

ドライ・セキユ系以外のマークの洗い方にも注意したい

ウエットクリーニングマークのパンツ

ドライセキユ系マーク以外に、おしゃれ着やデリケートな素材の衣類には「w」マークがついているものもあります。これはドライクリーニングではなく「ウェットクリーニング」が適していますという表示です。

この表示がついたものは、ドライクリーニングよりもウェットクリーニングが適しているという意味でリネンやコットン素材の衣類に多くみられます。

ドライクリーニングすると、仕上りがバサバサしたり風合いが損なわれてしまうこともありますのでクリーニングに出す際には「ウェットクリーニングができる業者なのか」を確認しておきましょう。

ウェットクリーニングは「水洗い」でのクリーニングになりますので、家庭で洗濯できるマークがついていることが多いです。このようなものは安心してホームクリーニングすれば、風合いもそのままにきれいにすることができます。

水洗いできない「ドライ・セキユ系」の服はクリーニングに

当然ながら「洗濯機マーク」がドライ・セキユ系しかついていないものは、ドライクリーニングしかできないものです。ホームクリーニングは「水洗い可能なものを自宅で洗濯する」ことですから、ドライコースを使ってしまうと大切な衣類が傷んだり縮んで着れなくなってしまいます。

クリーニングは贅沢なイメージを持っている方もいますが、最近では自宅まで商品を取りに来てくれる宅配クリーニングサービスも充実し、まとめて出すと1点あたりの金額がお得になるところもあります。

シーズンオフに出せば、保管してくれるサービスがあるところもありますのでクローゼットの整理も楽になります。水濡れすることで変色したり縮む心配もありませんし、新品同様で返却されてきますので安心ですよ。

まとめ

カシミアセーターのように、手洗いすることで独特の風合いを楽しめるものは水洗いをおすすめしますが、ドライ・セキユ系表示がついているものはクリーニングすることでそのアイテムを良い状態にキープできます。

ドライ・セキユ系で水洗い可能なものであっても、風合いを損ねたくなかったり型崩れを予防したいのであればクリーニングはおすすめ。洗濯表示をよく確認して「このアイテムをどのような状態でキープしたいのか」を考えてたら適した洗濯方法で長持ちさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です