ジーンズの色落ちを早くする方法が知りたい!【自分好みの色落ちを楽しもう】

ラベルのついたジーンズ

ファッションの中心にもなるジーンズは男女問わずデイリーコーデに欠かせないアイテムとなりました。ハイブランドジーンズ・老舗ブランド・ユニクロなどのデイリーコーデに着まわしやすいプチプラジーンズと世の中には色んなジーンズが溢れています。

履きこんでいるうちにできる「アタリ」をどうやってにキレイにに出すのか、自分が気に入って購入したままの色をキープさせるかは好みにはなりますが、「カッコよく色落ちさせたい」「早くに自分のものにしたい」場合、どんな方法があるのかはいがいに知られてはいません。

洗えば色落ちは起こりますが、ただ色落ちさせるのではなく「見た目にもカッコよく」「きれいに色落ちさせる」方がオリジナル感が高くなります。

ここでは、早くにジーンズを色落ちさせる方法だけでなく「色落ちを予防して買ったままに近い状態でジーンズを楽しむ」方法を紹介します。

ジーンズを早く色落ちさせるには何をすればいいの?

色落ちジーンズと男性
アタリやたて落ちができているジーンズはユーズド感があり、こなれた印象を与えますので見た目にもおしゃれです。「自分のジーンズもあんな風に色落ちさせてみたい」雑誌のスナップなどで見かける色落ちジーンズのように、自分のジーンズを色落ちさせるためにはどうすればいいのでしょうか。

ジーンズの糊を落としておく

ジーンズに使われるインディゴ染め糸にはすべて糊がつけられ生地として織られていきます。デニムを裁断しジーンズとして縫製するには、生地を安定させる必要がありますので、さらに糊をつけてハリを生み出します。

この生地で縫製されたジーンズは、ノンウォッシュ・生デニム・リジットジーンズとして店頭に並びますが、多くのジーンズはウォッシュがかけられ、糊を落としたものになっています。セルヴィッジデニムを使ったレプリカ系ジーンズにも、このリジットジーンズが多いです。

色落ちにこだわっる方はセルヴィッジジーンズを選ぶことが多いのですが、防縮加工がされていないので洗濯すると間違いなく縮みます。糊がついた状態でどれだけ履きこんだとしても、縮みが起こることによってヒゲやハチノスと呼ばれるアタリがついても、洗濯後に履くとズレてしまいます。

糊がついていると「ごわつき」があるので、鋭角的な跡が付きやすく「自分の体に合った色落ちがさせやすい」ともいわれていますが、ごわごわして落ち着かない・履きにくいこともありますし、一度糊を落としておくことで「他の衣類への色移り」も防ぐことができます。

自分の体にあったジーンズをカッコよく色落ちさせるためには、きるだけ早くに糊を落としてアタリをつけやすくしましょう。

色落ちさせたいジーンズをはきこむ事

脚の付け根や膝の表裏、ポケットなど「アタリ」と呼ばれる色落ちをしっかり出すためには、自分の癖をジーンズにつけること。座ったり立ったりの動作だけでなく、自転車に乗って脚を良く動かしたり、スポーツをして様々な動きの癖をつけることによってデニムにシワができあがり、綺麗なアタリができあがります。

ジーンズを早くに色落ちさせたい場合には、できるだけ同じジーンズをはき続けること。体に馴染むことでデニムがどんどんやわらかくなり、アタリができやすくなっていきます。ポケットに工夫したいのであれば、財布やシガレットケースをポケットに入れてはくなどして凹凸がでやすいようにしましょう。約3ヶ月程度でハッキリしたアタリやたて落ちができあがります。

程度な洗濯を行うこと

ジーンズマニアの中には「ジーンズの色落ちは経年の着用で作るものだから洗わない」という意見があるようですが、汗を吸収したりほこりなどが付着したままのジーンズは不衛生。

とくに汗は酸性ですから、洗わずにそのまま着用していることで、においが強く発生し汚れが浸透して落ちにくくなります。「それも味だから」と言われればそれまでですが、社会人として洗わないジーンズで人前に出るのはルール違反。

早くに色落ちさせたいのであれば、適度な洗濯をして自分の癖をどんどん覚えさせていくこと。ジーンズをきれいに色落ちさせるためにも、洗濯は必要です。

色落ちさせたいジーンズを選びましょう

つり下がったジーンズ
「買ったジーンズは洗えば色落ちする」と思っているのは大きな間違いです。ジーンズの中には「色落ち加工済」ですでに出来上がってしまっているものもありますので、自分で色落ちをさせるためには「色落ちしやすいジーンズ」をまず選ぶこと。

基本はリジットデニムか生デニムを選ぼう

市場に流通しているジーンズの多くは、防縮加工(サンフォライズド加工)やワンウォッシュ(水洗い加工)、ブリーチなど何らかの加工が施されています。特に水洗いは、デニム生地に付着した糊を落とすためにほとんど必ずといっていいほど行われているもの。これらの加工を一切施していないジーンズを生デニム(ノンウォッシュ・デニム)や、ローデニム(raw denim、生デニム)と呼びます。
引用:Right On

一人一人、脚の付け根から膝の長さは違いますので、自分で色落ちさせることでオリジナルのジーンズを作ることができます。メリハリのある色落ちを楽しむのであれは、ノンウォッシュのリジットジーンズか生デニムを選びましょう。

生デニム

生デニムは、デニム本来の美しい色を楽しむことができますのでデニム通に人気のあるジーンズです。防縮加工がされていませんので、洗濯すると2インチ程度は縮んでしまいますが、自分の体にフィットした自分だけのジーンズを楽しめるメリットがあります。

「いつものサイズで」とフィッティングせずに購入すると、洗濯して履けなくなることが多々ありますので必ずフィッティングしてからの購入をおすすめします。

リジッドジーンズ

リジッドジーンズは未洗いのデニムでパリッとした糊が効いているので最初はごわつきがあり履きにくさも感じますが、糊が落ちると縮みが起こります。ノンウオッシュのジーンズは基本的は、防縮加工が施されていないものが多いので洗濯すると必ず縮みます。サイズが不安な場合、ジーンズショップの販売員にアドバイスをもらうといいでしょう

ブランドによっては縮まないモデルもありますので購入の際には防縮加工がされているのか?いないのかを確認して自分の体にあったサイズを選びましょう。

ブランドによって色落ちの感じは千差万別
ブランドによってデニムの染め方や加工方法が異なりますので、洗濯してもまったく同じように色落ちするものではありません。また、個人の体の動きも異なりますので「あんな風に色落ちさせたい」と思っても、全く同じものができないのがジーンズの魅力です。

ジーンズの糊を洗って落とそう

ジーンズアップ

色落ちを早く作るためには色んな方法がありますが、まずは糊を落して色落ちがキレイに出るようなジーンズにしておきましょう。

手順1:ジーンズを裏返しで水洗いします

ジーンズのジッパーやボタンはしっかり留めて裏返します。表に返して洗うと、金属などがジーンズにあたり色落ちの原因になるからです。
自然な色落ちを楽しむためにもジーンズは裏返して洗いましょう。

手順2:洗剤は使わず水で洗う

ぬるま湯やお湯は縮みが酷くなるので、必ず水で洗うこと。バケツか洗面器で押し洗いし、脱水したら「裏返しのまま干す」ようにしてください。

自分だけのジーンズにカスタマイズ!早く色落ちさせる方法

ジーンズをはいた2人
色の変化や生地の風合いは、洗濯をするたびに変化するのでそれがたまらなくワクワクするようにもなります。ですが自分が理想とするジーンズの色落ちを楽しむためには、「ただ洗濯すればいい」ものではありません。

適度な洗濯回数が色落ちを早くさせます

ジーンズも他の衣類と同じように洗濯が必要です。ジーンズの着用回数にもよりますが、基本的には1週間はき続けた場合には週に1回程度の洗濯、休日のみにジーンズを着用するなら「においが気になったら洗濯」しましょう。

洗濯をすると生地がいったん引き締まり着用でなじんでいきますので、たて落ちや全体のアタリや凹凸が出やすく、濃淡も早くにあらわれます。

ジーンズ専用の洗剤を使って見る

70~80年代の古着のような色落ちを楽しみたいのであれば、「蛍光剤・漂白剤・酵素」などを配合した洗濯洗剤を使えばいいのですが、メリハリのある色落ちを楽しみたい場合には、おしゃれ着洗剤かジーンズ専用の洗剤を使って洗濯がおすすめ。

ジーンズメーカーから発売されているものや、洗剤を扱うメーカーなど色んなものがあり「洗剤の洗浄成分」がそれぞれに違いますので、個性的な色落ちを楽しむことができます。専用の洗剤はデニムを長持ちさせるだけでなく「きれいな色落ちを出す」ことができますので、洗剤にもちょっとしたこだわりをもってみましょう。

着用したら収納にも気をつけよう
ジーンズは脱いだら脱ぎっぱなしの方も多いのですが、消臭スプレーでにおいケアもやっておきましょう。肌に触れる裏側にもしっかりスプレーすれば毎日着用しても1週間は問題なく過ごせます。スプレーしたらハンガーで吊し、陰干しで乾かしてから畳んで片付けてください。

早く色落ちを完成させるための洗濯方法

水洗いだけですと、においだけでなく皮脂や汗の汚れが落ちませんので洗剤をつかってしっかり洗います。蛍光剤や漂白剤の入っていない洗濯洗剤か、中性のおしゃれ着用洗剤を使いますがどちらを使っても「色落ち具合」にさほどの差はありません。

ジーンズは裏返しにし、ボタン・ファスナーはしっかり留めます。洗濯に入れたら約5分間洗って、すすぎは2回行い洗剤をしっかり落とします。脱水は5分以内で1回のみ、生地を傷めずに長く愛用するためにも「洗いすぎ」に注意しましょう。

洗うと縮みがおこりますので、生地をしっかり伸ばしてハンガーで吊るし干しにしてください。こうすることで風が入りやすく乾きやすくなります。直射日光に当てると、変色したり生地が硬くなりますので注意しましょう。

適度な洗濯は色落ちだけでなくジーンズを守ります
くっきりした色落ちを作りたい方の中には、洗濯をせずに消臭スプレーだけで過ごす方もいますが、衛生面からいっても問題がありますし「洗わないことで生地が伸びっぱなしになる」「汚れによって繊維が傷んでしまう」などのデメリットの方が多いので、色落ちにこだわってもおすすめはしません。

自分で好みの色落ちを作ってみよう

自分の体の癖をつけて色落ちさせるには、「着用して適度な洗濯」を繰り返しますが、「個性的な色落ちを楽しみたい」場合には洗濯だけでなくちょっとした工夫をしてみましょう。

ジーンズを表にかえして洗濯してみる

ジーンズは裏返して洗うのが定説ですが、ヒゲや耳、ボタンや隠しリベット部分にアタリが出やすくなります。毎回裏返しにするのではなく、時には表のままに洗ってみるとまた違った色落ちを楽しめますので、洗濯したジーンズの色落ちをチェックしながら自分だけのジーンズを作りあげましょう。

漂白剤を使って個性的な色落ちを作る

漂白剤はその名の通りに繊維を白く漂白する効果があります。これをジーンズに使えば思いのままに色落ちを作ることができますが、あらかじめどのようなデザインにするのかを決めておかないと、ジーンズが白くなってしまいますので気を付けてください。

ブラシや刷毛を使って、色落ちをさせたいところに塗るだけの簡単な方法ですので、トリッキーな色落ちジーンズを作ってみたいならお試しください。

メラミンスポンジを使って色落ちさせる

濡らすだけでぐんぐん汚れが落ちる画期的なスポンジは、100均に行けば簡単に手に入れることができるので家庭にもあるもの。これをつかって、自分が色落ちさせたいところをこすっていきましょう。

ジーンズを新聞紙などを敷いた上にまっすぐに伸ばします。スポンジを濡らして、色落ちさせたい部分にあててこするだけ。非常に短時間でジーンズが嘘のように色落ちしますので「ぱっとしない色落ちしたジーンズ」に試してみましょう。

紙ヤスリを使って色落ちさせる

細目の紙やすりを用意し、こすりやすいサイズにカットしておきます。新聞紙などを敷いてジーンズを広げ、部分的に色落ちさせたい部分を少しずつこすります。細かな粉がでますので、落しながら少しずつ削っていきましょう。

一度に削ってしまうと、どれくらいの色落ちかわかりにくいのである程度色落ちしたら一度洗って乾かし、またやすりをかけるを繰り返します。

色落ちさせてブリーチジーンズを作ってみる
全体的に明るく色落ちさせたい場合には、漂白剤を溶かしたバケツや桶にジーンズを入れて自分が気にいったところで引き揚げます。あとは中性洗剤で軽く洗って乾かすだけ。デニムは元々が色落ちしやすいので、洗濯用の酵素系漂白剤を使えば自然な色落ちを作ることができます。

買ったままの色をキープしたい時の洗濯方法

色落ちさせるために購入したけれど「このジーンズは色落ちさせない方がおしゃれかも」なんて思いとどまることはありませんか?店内で見た色と、実際に着用してみた色では雰囲気がことなることもあるので「キレイめファッションを楽しむ」ために色合いをキープしたいこともあるでしょう。そんな時には、洗濯方法を少しかえることでみずみずしい色をキープでsきます。

洗濯回数を減らす

色落ちさせたくないので洗わないのはやはり衛生的ではありませんので、適度に洗濯するのは忘れずにいたいもの。着用回数は少し抑えめにし、10回前後の着用で洗濯するかにおいが気になったら洗濯するようにします。

洗濯方法は「色落ちさせたい」場合と同じですが、脱水時間を短くして「絞りすぎない」のがポイント。中性のおしゃれ着用中性洗剤を使って、洗濯機・手洗い共に3分程度・すすぎは1回・脱水は2分以内で終わらせます。

洗濯するから・洗剤を使うから色落ちするのではなく「脱水のしすぎ」「日当たりの良いところで長時間干しすぎ」が色落ちを早く強くします。色をキープしたいのであれば、直射日光に当てずに日陰でしっかり乾燥させることを忘れずに。

クリーニングを利用してみる

日本ではジーンズはデイリーコーデに使うものなので、「気軽に自宅で洗濯する」のが当たり前なのですが、ヨーロッパではジーンズの色落ちが早くならないようにクリーニングに出すのが当たり前。

海外セレブのファッションを見ていても、ダメージデニムはカジュアルな装いですが、フォーマルなシーンではリジットジーンズに革靴・ジャケットの装いも良く見かけます。

伊達男の代名詞イタリア人やきちんとしたファッションが好きなドイツ人の多くは「ジーンズのメンテナンスはクリーニング」なのだとか。テキサス州では正装としてプレスしたジーンズを着用することもあるので、クリーニングを利用するそうです。

型崩れも防げる

家庭で洗濯すると色落ちや型崩れが起きてしまいますので、あえて色落ちさせたい場合には有効ですが「購入したままも色をキープしたい」場合にはかなり気を使って洗濯しなくてはいけません。

また程よくアタリがでたジーンズも、洗濯機でガンガン洗っていれば型崩れがおき色落ちがどんどん強くなりカジュアルな印象になっていきます。できるだけ購入した時の色をキープしつつ、シャープなジーンズのままで着こなしたい場合にはクリーニングがおすすめです。

個性的なジーンズは手洗いより安心

家庭で洗濯するとラベルやリベットがまくれあがったり、剥げてボロボロになり「はき古した印象」が強くなります。ましてやアイロンをかけてきちんと畳むこともありませんので、繊維がよれてしまいぐんにゃりしてしまいます。

あくまでもカジュアルな印象に仕上げるにはその方が良いのですが、女性のスリムでラインが美しいジーンズがハイブランドジーンズは「価格にあったお手入れ」もしたいもの。装飾などがあるものは特に、洗濯のプロであるクリーニング店にだけばいつも新品のような美しいラインでファッションを楽しめます。

お洒落なダメージジーンズは、洗濯機で洗うと思わぬところが避けてしまったり、ダメージが広がりすぎて購入したときのイメージをキープすることができなくなることがあります。クリーニングでは、デザインや装飾をキープしながらきれいに仕上げてくれます。

ジーンズをクリーニングに出すときに注意したいこと
ジーンズの腰の部分には、ブランドネームやサイズなどが烙印されたタグがついています。合皮や布の場合には、クリーニングできますがハイブランドジーンズや特殊なジーンズの場合、本革のレザータグになっていることがあります。この場合「革製品」のクリーニング代金でなら受けてもらえるクリーニング店であれば、タグだけが革の場合にはクリーニング対象として受付できないクリーニング店がありますので事前に電話やメールで問い合わせしてください。革製品扱いの場合、クリーニング代金が通常より高くなり返却時間も遅くなりますのでよく考えてからクリーニングに出しましょう。

ジーンズが色落ちして他の衣類についてしまったら?

ジーンズは単品で洗うのが普通なので、他の衣類とは分けて洗っているとは思いますが、新品や色落ちがまだ完成していないジーンズをはいてシャツたTシャツに色移りしてしまった敬虔がある方も少なくありません。

黒やネイビーの場合目立つこともないので、気にならない・気にしない方もいるとは思いますが「白シャツ」や「白のTシャツ」の場合、ばっちり色移りしてしまい「洗濯して落ちるんだろうか」とガックリすることもあるでしょう。

色移りしてしまったものは、洗濯で色を落としていきますが「色落ちしやすいジーンズから衣類に色移りさせない方法」も同時に覚えておいてください。

ジーンズが衣類に色移りした場合の対処方法

汗をかいたウエスト部分や、雨で濡れたジーンズが白のトートバッグに色移りしたなど女性によくある困ったトラブルです。ジーンズの染色は時間が経つと落としにくくなりますので、早い段階で落してしまうのが一番。自宅で着替えた時に気が付いても焦らずにしっかり落としてしまいましょう。

白い衣類は酵素系漂白剤を使ったつけ置き

白いシャツやTシャツ・ブラウスなどは、酵素系漂白剤をぬるま湯に溶かしたものにつけ置きしておきます。1時間から2時間つけ置きすれば、だいたいはきれいに色移りがなくなっています。

色柄物の衣類は中性洗剤で叩いて落とす

染み抜きの要領で、台所用中性洗剤をブラシで色移りした部分に叩き込むようにして落していきます。それでも落ちない場合には、酵素系漂白剤を使って色移りした部分に叩き込んでいきます。色が落ちたら、すすいで洗濯用の中性洗剤を使って洗いましょう。

靴やスニーカーなどの足元に色移りした場合

白のスニーカーやブーツに裾からジーンズの色が移ってしまうことは非常に多いようです。お天気の時には問題はありませんが、急な雨などでジーンズが濡れてしまうことで革や気キャンパスに移ってしまいます。

このような場合、専用のクリーナーを使って落すのが一番安全です。靴屋や専用ショップでは、頑固な汚れもすっきり落とせるクリーナーが販売されていますので、日ごろのケアのためにも用意しておきましょう。

これでも落ちないのものはクリーニングへ
ジーンズの色落ちはかなり頑固なので、家庭では落とせない場合もあります。そんな時には、クリーニングで落してもらいましょう、下処理がある程度できていれば、クリーニングできれいに落とすことも可能です。

ジーンズを早く色落ちさせる方法[まとめ]

ジーンズを早く色落ちさせる方法は色々ありますが、繊維を傷めずにナチュラルに色落ちさせるためには「履きこんで洗う」を繰り返すこと。道具を使って色落ちさせる方法も紹介しましたので、洗うだけでは物足りない場合には試してみてください。

お気に入りの色落ちジーンズは大切に保管することも忘れずに、キレイに畳んで長持ちさせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です