ニットのお手入れはクリーニングにお任せ!【料金相場から収納までガッチリ解説】

女性のニット

「ニットを手洗いしたら伸びてしまった」「型崩れして着れなくなった」そんな経験はありませんか?おしゃれ着洗剤を使っても、ニッ洗濯は注意する事も多く何らかのトラブルが起こることもあります。

お気に入りや長く愛用したいニットは、いつまでもシャキッとした状態で着用したいもの。そんな時にはクリーニングにお任せするのが一番です。でも「これってニット?カットソー?」と迷ったり「繊細な生地はクリーニング代金が高いのでは?」と躊躇する方もいるでしょう。

ここでは「ニットの種類」「クリーニングが必要なもの・そうでないもの」「ニットをクリーニングに出すメリット」「クリーニング頻度」「代金相場」「クリーニングに出す前の注意点」「ニットクリーニングにおすすめのオプション」「ニットにおすすめの宅配クリーニング」「クリーニング後の保管方法」の順に解説します。

「家で洗うのは不安」「出した方がいいニットはどんなものなのか」「料金はいくらなのか気になる」方は最後まで読んでいただき参考にしてください。

クリーニングした方が良いニット

陳列したニット
  • 自宅で洗濯できないもの
  • 自宅で洗濯できるが洗いにくいもの
  • 装飾があり自宅では洗濯しにくいもの
  • 長く着用したいお気に入りのもの
  • 高額で洗濯で傷ませたくないもの
  • シーズンオフの収納に洗濯したいニット

自宅で洗濯できない・しにくいニット

クリーニング表示しかないものは、当然ながらクリーニングに出さなければ風合いが損ねられてしまい「こんなはずでは!」となってしまいます。

中には「水洗い可能」なものと「クリーニングが適している」ものがありますので、自宅で洗濯してもいいのかな?と迷う方もいるのではないでしょうか。

この「自宅でも洗濯でき且つクリーニングにも出せる」ニットの中には、「水に弱い繊維と強い繊維」がミックスされているものが多いためにこのような表示になっています。

どちらでも洗濯が可能なニットの場合、クリーニングに出すか否かを判断するのは「洗濯のしやすさ」です。毛玉ができやすい素材が配合されているものや、厚みがあり洗濯に時間がかかってしまうものは長時間水に濡れてしまうことで毛玉ができやすくなったり型崩れしやすくなります。

クリーニングマークがあるのであれば、このようなニットはプロにお任せするのが一番良い方法です。

お気に入りで長く着用したいニット

自宅で洗濯しても特に風合いを損ねることがないものもありますが、変わった織り方のニットを自宅で洗濯すると「なんだかなぁ」なんて洗い上りになってしまうものがあります。

大切に着たいものや「洗濯して大丈夫なんだろうか」と迷うものはクリーニングにお任せした方が良いでしょう。

高級ブランドニットなど

カシミアやアルパカ・モヘアなどの高級素材をつかったニットは、繊維自体がデリケートです。水洗い表示があっても「大切な時に着用したい」「とっておきに購入した」ような高額なニットはクリーニングに出した方がトラブルもありません。

装飾がある・特殊なニット

シャギーニット・プードルニット・ループニットなどは、女性のセーターや小物に多く使われる特殊なニットです。このようなタイプは、洗濯して乾かすと繊維がペタンコになってしまったり、ボリューム感がなくなったりすることがあります。

レースやビーズなどが襟もとあしらわれたようなデザインニットは、乱暴に扱うと細かい装飾が取れてしまいことがあります。単体でついているものは自分で直せますが、1本の糸でつながっているものは糸が切れるとすべてが外れてしまいます。個性的なニットは、プロの洗濯でにケアしてもらった方が良いでしょう。

シーズンオフに保管したいニット

シーズン中も汚れがつきますので洗濯は必要です。着用回数が多くなれば、汚れも付きやすいですし、そのたびにクリーニングに出すのもお金がかかりますので「自宅でのホームクリーニング」を行っている方もいるとおもいます。そんな方も、シーズンオフになって収納する時にはクリーニングをおすすめします。

家庭の洗濯では落とせないシミなどの汚れも、クリーニングに出せばキレイになりますので衣替えにはクリーニングに出しておきましょう。

リーズナブルで洗濯機でも洗えるニットは自宅で洗濯
ニットだから全てがクリーニングに向いているわけではありません。ユニクロにのウォッシャブルウールは洗濯機でも簡単に洗うことができる画期的なニットとして人気があります。このようなニットは「手洗いすることで生まれる独特な風合い」を楽しめるものですから、クリーニングに出すと個性的な風合いが失われてしまいます。「洗濯機で洗える」「水洗いできる」表示があるもので、普段着として気軽に着用しているニットはクリーニングに出す必要はないでしょう。

ニットをクリーニングするメリット

白いニット
  • 縮んでしまった
  • 装飾が取れてしまった
  • 型崩れしてしまった
  • 伸びて着れなくなった
  • 毛玉が酷い
  • シミや汚れがしっかり落ちない

最近のニットは自宅で洗濯できるものを増えましたし、「ニットも洗濯できるおしゃれ着用中性洗剤」も種類が多くなり洗濯の幅が広がりました。

中にはデリケートな素材を使ったものも多く、間違った洗濯で上記のようなトラブルが起こることがあります。クリーニングに出せば、「毛玉取り無料」などのオプションがありますので仕上がりに差がでます。

頑固な汚れもクリーニングならスッキリ

クリーニングにはドライクリーニング・ウェットクリーニングの2種類があり、素材や汚れによって使い分けることができます。

ドライクリーニングでは、しっこい皮脂汚れや油シミなどがキレイに落とせますし、汗をかく夏のニットは水洗いのウェットクリーニング表示になっているものが多いです。

ドライクリーニングは油性の溶剤を使いますので、自宅では同じ洗濯はできませんがウェットクリーニングはプロによる水洗いなので「そこまでしなくても」と思うかもしれません。

ですが、プロの使う洗剤と一般的なおしゃれ着用中性洗剤では汚れの落ち方が違いますし、1点1点を丁寧に洗濯してくれるプロの手にかかれば、おつかれ状態のニットも見違えるようになって戻ってきます。洗濯からプレスまで、専門の職人が手掛けていますので仕上がりにも満足できるでしょう。

オプション加工で大切なニットを守れる

自宅でが洗濯するだけで特殊な加工もできませんし、毛玉も自分で処理しなくてはいけません。クリーニングでは「毛玉取り」や「シミ抜き」オプションが無料なところも多く、面倒なケアもすべてやってもらうことができます、その他にも様々なオプションがあり、ニットに適したオプションを頼めば見違えるように元気になります。

プロのプレスで伸びたニットも元通り

気に入って着用しているニットは、生地がどんどん伸びてしまい首や袖口のしまりが悪くなります。自宅で洗濯してアイロンをかけても思うようにならないものですが、やはりプロのプレスは一味違います。

「あんなに伸びていたのに!」とびっくりするくらいキレイになっていますので、「洗濯したのにシャキッとしまい」時はクリーニングにお任せしてみましょう。

ニットのクリーニング代金相場

クリーニングに出す前に「ニットのクリーニング代金」を確認しておきましょう。アイテムによって、金額も変わってきますので「何を出したいか」をしっかりチェックしましょう。

セーターカーディガンワンピース小物
料金590円~700円~1,000円~400円~

アイテム別の料金に、ニットの場合は「デリケート素材」になりますので追加料金が200円~(アイテム別)加算されます。追加金額はクリーニング店によって異なりますので、確認しておきましょう。

ニットのクリーニング頻度やタイミング

クリーニングに出すタイミングは、「汚れが気になる」「自分では処置できないシミができた」「長期間収納する前」がおすすめです。

シミや汚れは時間が経つことで酸化してしまい、黒ずみや黄ばみに変化します。こうなると自分で落すのはかなり難しくなりますし、無理にシミ抜きすると生地を傷めてしまいます。

いつも清潔な状態で着用する、来シーズンもキレイな状態でニットのおしゃれを楽しむためにもこのタイミングでクリーニングに出しましょう。

シーズンオフなら保管付き宅配クリーニングがおすすめ
衣替えシーズンにはクリーニング店も忙しくなるので、仕上がりまでに時間がかかります。今から使う衣類を出して…不要なものは片付けてはなかなか大変なもの。毎シーズン何らかを新調すると、クローゼットもいっぱいになりますし収納ボックスも「何を入れたかわからない」状態に…。保管付き宅配クリーニングなら、次のシーズンまで保管してもらえますし、自分の都合に合わせて自宅まで届けてもらえます。このような便利なサービスもありますので、利用してみても良いでしょう。

ニットをクリーニングに出す時の注意点

ニットをクリーニングに出す前に、いくつか確認しておきたいことがあります。あとでトラブルにならないためにも、大切なニットをチェックしておいてください。

汚れやシミ

クリーニングにだすのですから、汚れやシミはしっかり落としていただきたいものです。職人がチェックして落としてくれますが「万が一落ちていない」時のためにメモにどのあたりにシミや汚れがあるか残しておきましょう。

ほつれや穴

ニットは引っ掛けると糸が飛び出したりほつれやすくなっています、クリーニング業者で補修してくれることもありますが「大きな穴」や「クリーニングすると損傷部分が広がる」ようなものはクリーニングしてもらえないこともあります。事前にチェックして「クリーニングできるかわからない」ものは業者に確認しましょう。

クリーニング表示があるか

洗濯表示
綿ニットなど、水洗いできる素材だけを使ったニットの中には「手洗いのみ」の洗濯表示がついているものもあります。「ニットだから」と安易にクリーニングに出すと「クリーニング不可」として返却されることもありますので注意しましょう。

ニットのクリーニングにおすすめのオプション

クリーニングには様々なオプションがあり、ニットにつけておくと非常に便利なものもたくさんあります。家庭の洗濯ではできない細かいサービスが受けられるのもクリーニングの醍醐味です。

防虫・防カビ加工

ニットは何といっても虫の被害が大きいものです。防虫剤を使っていても、シーズン始めに取り出したら穴が開いていたなんてこともあるでしょう。クリーニングでは、防虫加工を施してくれるところもありますので、カシミヤやメリノウールなどのニットクリーニングには是非プラスしておきたいものです。

静電気防止・花粉ガード

ニットは摩擦が起きると静電気が発生しやすくなります。パチッとくるのは勘弁して欲しいものですが、これは毛玉ができる原因にもなりますのでクリーニングのオプションで頼んでおきましょう。

リネットでは「花粉ガード」というオプションで、静電気防止・花粉防止の効果があるオプションがあります。クリーニング業者によって、名前が異なったり得られる効果も異なりますので自分のライフスタイルに合ったものを選んでください。

ニットクリーニングにおすすめの宅配クリーニング

クリーニングに出すニットは「お気に入り」「高価なもの」「大切に長く着用したいもの」がメインですから、自宅の洗濯よりも仕上がりがキレイで満足したいものです。そのためには、オプション加工が充実していること・丁寧な仕上がりであること・ニットの性質に合わせた最適なクリーニングをしてくれる業者を選びましょう。

リネット

リネット

リネットの基本情報

料金設定(目安)セーター 590円~・カーディガン 780円~・ニットジャケット 1,030円~
特典初回送料無料/プレミアム会員費が最大2ヶ月無料/プレミアム会員は初回のクリーニング代50%off
送料プレミアム会員/3,000円以上で無料 /通常会員/10,000円以上で無料
保管付クリーニングプレミアムクローク(最大8か月保管可能)
仕上がり★★★★★
支払いクレジットカード・代引
利便★★★★★
品質★★★★★
保証30日以内なら無料で再仕上げ/再仕上げに不満の場合は全額返金
年会費プレミアム会員年会費4,680円/400円回数券×6枚の年間ケアパスがもらえるので実質半額程度
納期プレミアム会員なら最短3日~(地域にもよる)
日時指定朝6時~夜間24時まで1時間幅で指定可能
対応エリア全国対応

リネットの特徴

  1. プレミアム会員になると初回50%OFF
  2. デリケート素材も丁寧にクリーニング
  3. 選べる納期で欲しい時に受け取れます
  4. ブランド衣料の実績あり
  5. プレミアム加工でニットもふんわり
  6. アパレルに選ばれる宅配クリーニング

初めての利用は50%OFF(プレミアム会員登録)と、宅配クリーニングが初めてでも使いやすい設定になっているのもポイント。料金シュミレーターでクリーニング代金をあらかじめ計算できるので、「今回はここまで」とクリーニングに出す衣類を自分で選別しやすくなっています。

ニットは590円からでデリケートな素材(カシミヤ・メリノウールなど)は追加200円ですが、わずか1000円以内で大切なニットをクリーニングでき毛玉もシミも無料となれば利用しないなんてもったいない。ブランドニットも多く扱いますので安心してお任せできます。

ネクシー

ネクシー

ネクシーの基本情報

料金設定(目安)通常料金 セーター・カーディガン 660円/メンバーズ会員 560円
特典会員になると料金が割引
送料通常 3,500円以上で無料・会員 3,000円以上で無料
保管付クリーニングあり(最大7か月保管可能)7・10・15点のパック料金
仕上がり★★★★★
支払いクレジットカード・代引
利便★★★★★
品質★★★★★
保証再仕上げ無料
年会費ビジネスコース月額162円・メンバーズコース月額324円・初回は会費無料
納期9日間~
日時指定申し込み時に日時指定可能
対応エリア全国

ネクシーの特徴

  1. メンバーズ会員でお得に
  2. すべて手仕上げのプレミアムクリーニング
  3. 本格的な染み抜き無料
  4. トリートメント加工でニットが輝きます
  5. 防臭加工オプションでニットを臭いから守ります
  6. リピート割引あり

    「宅配クリーニングは高い」のイメージを払拭するリーズナブルな料金設定、料金シュミレーターで事前に計算できるのも家計を預かる主婦に支持されている理由です。

    月会費無料のスタンダードコース・ビジネスメンバーズ・メンバーズコースと会員制度は3つから選ぶことができ、クリーニング頻度に合わせて自由に選択可能。有料会員は料金が割引になるサービス付きで、無料会員は割引はないもものクリーニングサービスは同様受けられます。

    シミだけでなく、仕上がりもこちらから指定した通りにしてくれる柔軟性もあり価格もリーズナブルとくれば使わないのはもったいないくらいです。シミ・毛玉取りは無料となっていますのでニットの仕上がりも期待できそうです。

    キレイねっとライン

    キレイねっとライン

    キレイねっとラインの基本情報

    料金設定(目安)10点パック12,000円 15点パック17,000円
    特典リピート割引(300円OFF)・汗ぬき加工無料
    送料送料自由/0円・10円・100円・300円・500円・1000円から選択(地元の商工会に一部寄付)
    保管付クリーニングあり(最大9か月保管可能)
    仕上がり★★★★★
    支払いクレジットカード
    利便★★★★★
    品質★★★★★
    保証ネット注文は一日50客限定、品質に強いこだわり
    年会費なし
    納期要問合せ
    日時指定可能
    対応エリア全国対応

    キレイねっとラインの特徴

    1. トヨタ生産方式で高品質な仕上がり
    2. 24時間ネットにて簡単受付
    3. 専用集荷バッグでラクラク集荷
    4. リピーター割・シーズンOFF割引あり
    5. 保管付きクリーニングは最大9ヶ月
    6. シミ抜き無料

    新神戸の老舗クリーニングが宅配クリーニングサービスを行っているのがキレイねっとラインです。地域密着のクリーニングだからできる「親切丁寧」なクリーニングは評判も高く全国からクリーニングが届いているそうです。

    1日にクリーニングできる件数のみを受付していますので、返却までには時間はかかりますが「待ってもクリーニングを頼みたくなる」高品質なサービスが特徴です。送料も「お気持ち」だけで、無理に請求しないところも「お客様に喜んでいただくため」としている徹底ぶり。

    職人の技には定評があり、プロ集団の丁寧なクリーニングを一度受けると他には出したくなくなるのは間違いないでしょう。

    リナビス

    リナビス

    リナビスの基本情報

    料金設定(目安)5点7,800円、10点10,800円、20点18,800円
    仕上がり★★★★★
    支払いクレジットカード払い、代金引換払い
    利便★★★★☆
    品質★★★★★
    保証賠償制度あり
    年会費なし
    納期最短5日
    日時指定ヤマト運輸、佐川急便指定に準ず
    対応エリア全国対応

    リナビスの特徴

    1. クリーニング品質が高い
    2. 5点・10点・20点とお得なパック料金
    3. 職人による手作業で安心
    4. しみ抜き・毛玉取り無料
    5. リピーター割あり
    6. 保管サービスあり

      高コスパで品質重視のクリーニングなら「リナビス」がおすすめです。すべて手作業という徹底ぶりのために、仕上がり日数は少々時間がかかりますが大切なニットは納得の仕上がり。

      パック料金のサービスで、まとめて出すほどに1点あたりの料金が安くなりますのでシーズンオフのクリーニングにおすすめの宅配クリーニングです。シミ抜きやボタン修理、毛玉取りはがすべて無料なのも頼もしい限りです。

      ニットの保管方法

      秋冬から春先まで活躍するニットは、間違った収納で生地が伸びてしまうことがあります。そんなニットをシーズン中型崩れせずに着用したり、シーズンオフに綺麗に収納するにはどうしたらよいのでしょうか。

      型崩れしない畳み方やハンガーを使う時にはちょっとした工夫が必要です。誰でも簡単にできるので、チャレンジしてください。

      収納する時にはコンパクトに畳みましょう

      ニットは伸縮性が高いのが特徴で、素材によってはハンガーにかけると伸びてしまうものもあります。薄手のニットはコンパクトに畳んで引出しに入れれば場所をとることもなく、綺麗に収納ができます。

      大きめのニットはざっくり畳んで、色別やカラー別にして片付けても良いでしょう。少しゆるくした感じで畳んでおくとニットも窮屈にならずに、取り出してもきれいです。

      ニット収納にハンガーを使ってみる

      何度か着てからクリーニングに出す場合、クローゼットに汗や汚れがついたものは入れたくないものです。一時的に、籠などに入れておくのも良いのですがハンガーを使って休ませてみるのも場所をとらず簡単です。

      ニットを長持ちさせる収納のコツは

      ニットは素材や生地の厚みにもよりますが、着用期間は比較的短いので収納している時間の方が長くなります。特に変わった畳み方をする必要はありませんが、「湿気」と「虫食い」対策はしっかりしておきましょう。

      クリーニングで防虫オプションをつけた時も、防虫剤は忘れずに入れておくこと。ときには収納ボックスやケースを開けて空気を入れ替えしたり、除湿剤を取り替えて湿気から守ってあげてください。

      ニットはデリケートな素材が多いのですが、スペースにゆとりを持った引き出しやケースを用意してクリーニングしたら丁寧に片付けておきましょう。

      まとめ

      ニットはクリーニングの方が仕上がりはキレイとは思っていても、枚数が多いとかなりの金額になるので「自宅で洗濯しようかな」とも思っうでしょう。

      自宅ではクリーニング店で行うような特殊な洗濯はできませんし、細やかなサービスがリーズナブルな価格で受けられるのですから、洗濯して干すまでの時間を拘束されることを考えれば安いもの。

      洗濯表示をよく確認し、「大事なニットは傷めたくない」「これ高かったんだよね…」という場合は惜しまずクリーニングに出しましょう。

      すべてのニットをクリーニングに出す必要はありませんので、気軽に着たいものは家庭で洗濯し、大切なニットを長く楽しむためにクリーニングを有効活用してください。

      カーディガンは仕上がりに満足できるクリーニングにお任せ!料金相場から収納まで

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です