革ジャンは洗濯できる?自宅でできる洗濯方法やカビ対策!日常的なメンテナンスまで【大公開】

革ジャン

「革ジャンをクローゼットから出したらカビていた」「なんかニオイがする」オシャレに欠かせない革ジャンですが、保管が悪いとこんなトラブルも起きてしまいます。

防風や防寒効果もあるので肌寒い季節になると活躍する革ジャンですが、クリームでケアするだけでは染みついた汚れや臭いまでは落とすことができません。

クリーニングに出すのが一般的ですが、実はポイントを押さえることで誰でも自宅で洗濯することができるのです。

ここでは「革ジャンに多いトラブル」「革ジャンは本当に洗濯して良いのか」「どんな時に洗濯するのか」「洗濯に必要な道具」「革ジャンの洗濯方法」「カビが生えていた時の処置のしかた」「普段のお手入れ方法」「革ジャンにおすすめのお手入れグッズ」「長期保管する時に注意したいこと」「痛みや損傷のある革ジャンのケア」を順に紹介します。

革ジャンは洗濯できないよね?とクリーニングに出す前に、こちらをじっくり読んで大切な革ジャンの洗濯にチャレンジしてください。

この記事の目次

革ジャンに多いトラブル!これも洗濯でスッキリ

シワの入った革ジャン
一般的には「クリームでケア」「陰干し」で完璧!「クリーニングに出して収納したから問題ない」と思っている方が非常に多いと思います。

ところがクローゼットから出すと「カビが生えていた」「なんとなく臭い」など、クリーニングしたはずなのに着用できない状態になっていることもあります。

襟や袖にできやすいカビ

革ジャントラブルに一番多いのがこのカビです。お手入れの仕方が中途半端であったり、着用回数が少ないからと洗濯せずに収納したことでカビが生えてしまいます。

カビが生えてしまうことで、異臭がおきてしまい「もう着れない!!」とガッカリすることも多いのですが、軽いカビなら洗濯で落ちることもありますし専用のクリーナーでカビを落としてから洗濯すればキレイな革ジャンをすぐに着用できます。

独特な異臭

革ジャンの素材には「牛革」「羊革」など動物の革を使っていますので、革ならではのニオイがあります。ところが汗や皮脂がついたまましまい込んでしまうと、革に染み込んでしまい何とも形容しがたい異臭を放ちます。これを放置、するとカビの原因にもなってしまいますのできちんとしたケアや洗濯で清潔にしておくべき。

定期的なケアと洗濯で革ジャンは長持ちします
バイクを愛用している方は、革ジャンは定番のアイテムですから手入れも念入りにすることが多いのですが、「ファッションアイテム」として革ジャンを着用する方はついついケアをさぼってしまい、シーズンオフに簡単なケアで済ませて片付けてしまいます。着用中は定期的なメンテナンスをし、収納前にはきちんと汚れを落としておけば大切な革ジャンも長く愛用することができますよ。

革ジャンは洗濯しても本当にいいの?

そうはいっても「革は水に弱いから洗濯は無理」と思う方も多いはず。革は水に濡れてしまうと固くなりひび割れが起こるなどから、「自宅では洗濯は無理」「クリーニングに出すのが一番」と言われてきました。ところが革ジャンのトラブルの多いカビは「水洗い」が有効なことからも革を選択できる洗剤も色んなメーカーから登場しています。

汗や皮脂汚れをしっかり落とすのも大切

革ジャンはシーズンオフに1回か1年に1回は洗濯しておきたいもの。クリーニングに出すのも良いのですが、定期的に栄養を与えてメンテナンスしておかなくてはいけません。汚れがついた革ジャンにいくら栄養を与えても、汚れの上塗りになりますので「目立つ汚れ」が気になったら洗濯しておきましょう。

ヴィンテージ風な革ジャンにするには水洗いが有効

新品の革ジャンは確かにきれいなファッションにピッタリですが、カジュアルスタイルには少々固い感じがします。古着ファッションが好きな方は、わざと水洗いし革を着古したようにする方もいるくらいです。

古くなった皮脂や汚れを落すことが革ジャンの寿命を長くします
革には皮膜が張られていますが、着用しているうちにどんどん汚れが付着し皮膜も剥がれていきます。これをこのままにして、クリームだけでケアしていくと汚れとクリームが混ざり革を劣化させてしまいます。このことからも革は一度洗濯で余分なものを落して、新しく皮膜を与えるのが正解。洗濯方法さえ間違えなければ、自宅で革ジャンを洗濯することができます。

こんな風になったら革ジャンは洗濯すべし【革ジャンの洗濯頻度】

スタイリッシュな革ジャン
革ジャンが洗濯できることが分かったところで、問題は「どんな時に洗濯するか」が問題です。おしゃれ着のように「汗をかいたから」と頻繁に洗濯するものではない素材だからこそ、洗濯すべきタイミングをチェックしましょう。

ニオイがに気になるとき

革に汗や皮脂汚れが染みつくと、なんとも嫌なニオイがしてしまうもの。これは革クリーナーでは落ちませんので、洗濯して消臭してしまいましょう。

塩吹き(白いシミ)が目立った時

汗をたくさん吸い込んでしまうと、乾燥して塩が結晶となり白い轍になってしまったり粉が吹いたようになります。これは汗に含まれている塩ですから、洗濯すれば簡単にキレイになります。

特に汚れや臭いが気にならないならシーズンオフに洗濯
頻繁に着用しない方や、他のアウターと併用するので通年で数回しか着用しない場合には、シーズンオフ・収納前・年に1回のタイミングで洗濯をします。その間には定期的なメンテナンスを必ず行い栄養を与えて湿気を受けないようにしておきましょう。

革ジャンの洗濯に必要な道具

革ジャンの洗濯を始める前に必要なものを揃えておきましょう。

  • 洋服ブラシ(できたら馬毛)
  • 革用クリーナー
  • 乳化性クリーム(栄養クリーム)
  • 布か古いタオル
  • 中性洗剤か革用洗剤
  • スポンジ
  • バスタオル・洗濯ネット
  • 洗面器かバケツ

洋服ブラシ

革ジャンについている汚れを洋服ブラシでサッと払っておきます。馬毛のブラシは手触りも柔らかく革を傷めないのでおすすめです。

革用クリーナー

古い汚れやクリーム・ワックスを落すためのクリーナーです。カビや白い汚れ、古いクリームを洗濯前に落とすために使います。

革専用クリーム

洗濯前に栄養クリームを塗ることで、水から革を守りながら汚れを落すことができます。このクリームで保護しておくとゴワツキも起こらなくなり洗い上りも安心です。水洗いの前だけでなく、乾燥させた後にも使いますので用意しておきます。

布・古いタオル

栄養クリームを革ジャンに塗るときに使います。できるだけ革にやさしい柔らかいものを使いましょう。

洗剤

おしゃれ着用の中性洗剤でも構いませんが、革用の洗剤を用意します。革用の洗濯洗剤には、余分な界面活性剤が入っていないので初めての方でも安心して使えます。

スポンジ

革ジャンの表面を軽く洗うのに使いますので、やわらかく研磨剤などがついていないものを用意してください。

バスタオル・洗濯ネット

脱水するときにつかいますので洗濯ネットは大きなものを3枚程度、洗濯ネットは革ジャンが入る大きなものを用意してください。

革ジャンを洗濯してみよう!

道具が揃ったところで、革ジャンの洗濯を始めましょう。まずは目立つ汚れしっかりおとしてから水洗いしていきます。

1:クリーナーで目立つ汚れを落とします

革専用のクリーナーで古い汚れをサッと落とします。洋服ブラシで埃を落したらクリーナーで古いワックスを拭き取り洗濯液が浸透しやすい状態にします。

2:保護クリームに皮膜を張ります

水洗いして革が固くなったりしないように、全体的にクリームを薄く塗りこんでいきます。

3:洗濯液を作ります

洗面器やバケツ、洗面台など革ジャンが洗濯しやすい場所に水を張って洗剤を溶かします。洗剤は水の量に合わせて調節しましょう。

4:革ジャンは押し洗いで洗濯

洗濯液に革ジャンをつけたら、軽く押し洗いしていきます。洗濯液に押し付けたら離すを3回程度繰り返しましょう。水に汚れが浮き出してきたら水を入れ替えてすすいでいきます。目立つ汚れはスポンジで撫でるように落すとシワにもならずに汚れがスッキリします。

5:泡がなくなるまでしっかりすすぎましょう

すすぎも押し洗いで余分な洗濯液を落としていきます。

6:バスタオルで軽く水を切ります

ここから脱水を始めますが、まずはバスタオルで包むようにして全体的の水をきっていきます。ある程度水が切れたら、新しいバスタオルに包んで洗濯ネットに入れて洗濯機で脱水します。

7:洗濯機の脱水を使います

革ジャンをそのまま洗濯機に入れてしまうと革を傷めてしまいますので、バスタオルで包み洗濯ネットに入れたら1分以内で脱水を終わらせます。

まだ水が残っているようであれば、バスタオルでもう一度軽く水を切ったらハンガーにかけて干していきます。

8:半分乾いたら栄養クリームで革をやわらかく保湿します

革ジャンには柔軟剤を使わずに、半分乾いたら栄養クリームを与えておきます。しっかり乾いていることを確認したら、乾いた布でじっくりとケアしてください。

風通しのよい場所で陰干しします
日光に当ててしまうと、革にヒビがはいったり固くなりますので必ず風通しのよい場所で陰干しにしましょう。革ジャンの形を整えて大きめのハンガーにかけておくか、平干しがおすすめです。ある程度乾いたら、一度袖を通して革を伸ばしておくとよりキレイに乾きます。乾くまでに時間がかかりますので、乾くまで1日1回程度袖を通しておくと良いでしょう。

革ジャンのお手入れ方法

革ジャンの男性
酷く汚れた場合には洗濯が有効ですが、着用中にもお手入れは必要ですし、軽い汚れはクリーナーを使って落とせばキレイになります。雨に濡れた時などのお手入れも覚えておくと便利ですよ。

着用中のお手入れ

一度着るとホコリもつきますし汗や汚れも吸着します。通常のジャケットやスーツと同じようにケアをしておきましょう。

乾拭き

革専用のクロスがあれば、それでサッと汚れを落とします。袖や襟などは念入りに拭いておきましょう。

風通しのよい場所で干します

着用したことで汗を吸って湿気を受けていますので、風通しのよい場所でしっかり干しておきます。シワや小さなヒビは保湿クリームを塗りこんでおけば元に戻りますので、1週間に1回はクリームを塗っておくと良いでしょう。防水スプレーは毎日する必要はありませんが、クリームで保護したら防水スプレーを使うと良いですよ。

急な雨や雪で革ジャンが濡れてしまった時のお手入れ

雨に濡れてしまうとシワになってしまいますので、手早く水分を拭きとってケアをしましょう。そのままにしておくとカビになりますので、必ず水分を落としておきます。

タオルで水分を軽く押さえます

ゴシゴシこすらずに、ハンドタオルで押さえるように水分をとっておきます。そのあとに革専用のクロスでサッと拭いたら風通しのよい場所で乾燥させます。

クリームでケアをしましょう

しっかり乾いたら、保湿クリームを全体的に塗って乾いたら防水スプレーをかけておきます。

水分をしっかりとるのがポイント
大雨で染み込んでしまった時には、タオルで挟むなどしてしっかり水分を取ってから乾かすのがポイントです。乾燥機やドライヤーで熱を与えると、劣化やひび割れの原因になりますので時間がかかっても自然乾燥してください。

革ジャンにカビが!そんな時にはこんなお手入れでスッキリ

湿度の高い場所で保管していると、たちどころにカビが生えてしまいます。早くに気づけば簡単なケアでカビを落すことができますので、定期的にクローゼットからだしてメンテナンスを行いましょう。

専用のクリーナーで落す

カビは表面を落としても奥まで入り込んでいることもありますので、革専用のクリーナーを使って落としてから洗濯します。奥までカビが入りこんでしまうと、湿気を受けることでまたくり返してしまいますので早く見つけて落すのが一番。

しっかり洗濯してから、保護クリームで栄養を与えれば革の弾力や艶ももどりますのでカビの防止にもなります。

繰り返すカビはクリーニングに
ケアをしても洗濯しても、細かなカビがすぐに出てきてしまう…そんな状態になったらプロの手でしっかりとしたメンテナンスを受けるのが一番です。靴や革を専門にしている宅配クリーニングがありますので「捨てるには高価なもの」「気に行っているので何とかしてキレイにしたい」ならクリーニングでカビ取りをしてもらい、カビ予防の加工をお願いしましょう。

革ジャンにおすすめのお手入れグッズ

革ジャンはおしゃれ着用の中性洗剤でも洗濯できますが、「ちょっと心配」な方もいるはず。そんな方におすすめなのは「革専用の洗剤」です。自宅で安心して革ジャンを洗濯するためだけでなく、財布やバックの汚れ落としにも使えますので用意しておくと便利。他にもちょっとした汚れを落とすことができるクリーナーなどを紹介します。

[エム・モゥブレィ] 汚れ落とし M.モゥブレィ ステインリムーバー

[エム・モゥブレィ] 汚れ落とし M.モゥブレィ ステインリムーバー
引用:Amazon

靴専用のクリーナーですが革製品すべてに使えるので、革ジャンの汚れ落としにもおすすめのクリーナー。革をやわらかく保つためには、古い汚れをスッキリ落としてからクリームを浸透させることが重要。クリームがしっかり浸透することで、革ジャンの通気性も格段にアップします。カビや白い汚れもこれ一つでスッキリ落とせますので1本用意しておきましょう。

[エムモゥブレィ] M.MOWBRAY サドルソープ

[エムモゥブレィ] M.MOWBRAY サドルソープ
引用:Amazon

雨ジミや塩汚れ、革の型崩れ防止に使える革専用のせっけんで、スポンジでサッと洗えるのがポイント。全体的にまんべんなく塗ってから
「M.モゥブレィ・サドルソープ」を泡だてて洗うだけ。革製品すべてに使えますので、ベルトや財布など身近なものもこれがあれば簡単に洗濯できます。

[コロニル] Collonil 栄養クリーム 1909 シュプリームクリームデラックス

[コロニル] Collonil 栄養クリーム 1909 シュプリームクリームデラックス
引用:Amazon

洗濯した後にはしっかり栄養を与えて艶とハリを取り戻しておきたいもの。クリームの伸びがよく浸透性も非常高いことからも、人気のある栄養クリームです。どんな栄養クリームがいいのか迷ったら、これを選べば間違いなし!

革ジャンの長期保管方法

革ジャンと男性2

普段のお手入れは「汚れ落とし」「保護クリーム」「防水スプレー」で問題ありませんが、シーズンが終わってクローゼットに保管するときには「カビ」と「シワや型崩れ」を防ぐお手入れが必要になります。

汚れを落とし洗濯してから収納する

数回しか着用していなくても、目に見えない汚れが革ジャンに付着しています。丁寧に汚れを落として、クリームで保護しても湿気を受けやすくなるクローゼットにそのまま入れるのは感心しません。

自宅で洗濯するか、クリーニングに出して汚れをしっかり落としたらクリームで保護し、しっかり乾かしてから収納しましょう。

厚みのあるハンガーにかけること

100均などの肩の細いハンガーに革ジャンをかけて保管すると、肩の部分が落ちてしまい型崩れしやすくなります。

スーツ用ハンガーなど、肩に厚みのあるハンガーにしっかりかけたらゆとりをもって収納しましょう。不織布カバーに防虫剤をセットし、クローゼットの中に除湿剤を入れておけば安心です。

湿気対策をしっかりしましょう

革はカビが発生しやすい素材で、一番多いトラブル事例です。クローゼットは密閉空間ですので、どうしても湿気がこもりやすく革にカビがつきやすくなります。除湿剤だけでは十分な対策とはいえませんので、クローゼットは毎週オープンにして湿気がこもらないようにし、2〜3ヶ月に一度は陰干しして湿気を飛ばしておきます。

傷みが激しい革ジャンは洗濯できない?

シワや色落ちも革の醍醐味ではありますが、あまりにも目立つようなものは気になってきます。ヴィンテージ風に着こなしたいのであれば、いい風合いではありますがキレイ系のおしゃれ着に革ジャンを着用したいとなると話は別。見た目にも傷みが目立ってコーデがしにくくなるようでは、出番も少なくなってしまいます。

傷の修復や色落ちのケアは専門知識のあるプロにお任せするのが一番です。革製品のクリーニングや補修を行っている専門店がありますので、そちらに依頼してみましょう。お店に直接持ち込まなくても、宅配で受けつけているところがありますので遠方からでも安心です。革ジャンの状態によって金額も異なりますので、電話やメールで問合せましょう。

まとめ

革ジャンは自分で洗濯できないと思っている方が多いのですが、洗濯前のちょっとした一工夫で簡単に洗濯することができます。革ジャンのクリーニング代金は、一般クリーニングよりも高額になるので節約にもなりますから嬉しいもの。

丁寧に洗濯したら、しっかり乾かしてクリームで栄養を与えましょう。保管するのであれば湿気に注意し、着用中はブラッシングと保湿でピカピカに磨いて大切にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です