洗濯できるマットレス・できないマットレスは何が違うの?【洗濯するために知っておきたいポイント】

ベット

「マットレスは洗濯できない」「干すだけで洗濯していない」多くのマットレス愛用者は同じような意見を持っているのではないでしょうか。ですが、子供のおねしょがついてしまったり、汗がべったりついたマットレスは衛生面でも問題があります。

マットレスの種類や素材によっては洗濯できるものもありますので、先ずは自分のマットレス「洗濯できるのか」をチェックすることが大切。

ここでは「マットレスは洗濯しないとどうなるのか」「マットレスの素材や種類別の洗濯方法」や「日常的なケア」「洗濯できるマットレスの選び方」について詳しく解説します。

よごれたマットレスのケアで困っている方、マットレスの購入を検討しているけれど「洗濯できないものは…」と迷っている方は、最後まで読んで参考にしてください。

洗濯しないマットレスはどうなっているの?

ベット2
マットレスとひとくくりに言っても、ベットのマットレス・布団の下に敷いているマットレス・布団としてマットレスを利用しているなど色んなケースがあります。

どちらにしても、就寝中に体を支えてぐっすり眠るために使うものですから汗やホコリ・汚れは蓄積していると考えるべきでしょう。

就寝中には大量の汗をかいています

スポーツをしたり暑い日には、私たちは大量の汗をかいています。そうでなくでも、体温を調節するために目には見えない汗をじんわりとかいているわけで、就寝中にもなんと「コップ1杯分」の汗をかくと言われています。

とくに小さな子供は大人よりも汗をかきますので、それがどんどんマットレスに染み込んでいき汚れとなって沈着しています。

汗だけじゃない色んな汚れはマットレスに染みついています

整髪料や髪の毛についた汚れ、空気中のホコリなどもマットレスににはどんどんついていますので、汗の汚れと絡まってしまうとダニやカビの繁殖に繋がっていきます。

また、口呼吸する方は「よだれ」がマットレスに付着していますので、定期的にメンテナンスをしないと雑菌が繁殖しニオイが強くなってしまいます。

マットレスは干すだけではキレイにはならない

天気の青空
天日干ししたり、布団クリーナーをつかってハウスダストを吸い取っている方もいるとは思いますが、これは表面的な汚れを落したり,湿気を飛ばしたりする効果は得られますがマットレスの奥まで入り込んでしまった汚れには効果がありません。特にダニは天日干しだけでは完全に死滅しないので、洗濯して洗い流すことも必要になります。

定期的な天日干しプラス洗濯

マットレスを干すのは大変な作業ですが、月に2回は湿気を飛ばしておくことも大切です。天日干だけでは完全とは言えませんが、湿気を受けたままのマットレスを使っているのは衛生的ではありません。

洗濯は洗濯、天日干しは天日干し、洗濯は洗濯でおこない、マットレスで良い睡眠がしっかり取れるようにしましょう。

洗濯表示を必ず確認しましょう
上記のマットレスは一般的には家庭で洗濯できますが、メーカーによっては特殊な加工を施したりしたものがあり水洗い不可の表示になっているものもあります。購入した時には、取り扱いや洗濯についても注意書きがありますので、それに必ず目を通してから洗濯を始めましょう。

水洗いの洗濯ができるマットレス

マットレス3
マットレスには選択できるものできないものがありますが、洗濯といっても洗濯機を使うのではなく手洗いができるかになります。まずはどんなマットレスが洗濯できるのかを確認し、自分が使っているマットレスが該当するか確認しましょう。

高反発ファイバーマットレス

マットレスの固さは好みがありますが、手入れがしやすく自宅で簡単に洗濯できるのが魅力です。それだけでなく「乾かしやすい」メリットがあり、高反発ウレタンマットレスよりも使いやいのも人気の理由です。

高反発ウレタンマットレス

食器洗いのスポンジのような素材で、揉み洗いも簡単ですしシャワーを使って全体をサッと洗うことができますので、洗濯しやすさでは高反発ファイバーマットレスと同じです。

こちらはスポンジのために、水を含むと乾きにくいデメリットがありますので洗濯する時には連日お天気の日を選びましょう。

防水マットレス

水を弾く防水仕様のマットレスは水ぶきもできるだけでなく、表面上の汚れはアルコール消毒することもできますので便利です。

介護用のベッドに使われるマットレスで、一般家庭では見かけることはありませんが「在宅介護」をされている方や潔癖症の方にはうってつけです。中材高反発ウレタンになっtりますので、丸洗いもできますし表面だけのケアもできる二刀流。

ただ防水生地になりますので、長時間寝たままの方が使うと「蒸れやすくなる」デメリットがあります。綿のシーツを重ねて使うなどの工夫が必要ですが、やはり蒸れやすいので一般家庭向けとは言えません。

赤ちゃん用のマットレスは専用のものを選びましょう
赤ちゃんから乳幼児に使うマットレスは洗濯できるものがいいのですが、高反発ファイバーなどの水洗いできるものは通気性が良いので防水シートを敷いていても床までシミてしまうことがあります。だからといって低反発マットレスは、赤ちゃんには柔らかすぎますのでこれもおすすめできません。赤ちゃんは大人と同じマットレスを使うのでなく、専用のマットレスを選びましょう。

マットレスの洗濯方法はこの3つ

マットレスの素材によっては「水洗い」「表面だけを洗う」「クリーニングに出す」の3つから洗濯方法を選ばなくてはなりません。具体的にどのようにするかを解説します。

水洗い

水洗い可と表示したマットレスは、おしゃれ着用中性洗剤を使って水洗いすることふだできます。マットレスは大きさもあるので浴槽に洗剤を溶かして優しく押し洗いします。力を入れすぎたり、劣化したものは割れたりちぎれたりすることがありますので注意しましょう。

表面だけを洗濯する

水洗いができないマットレスは、カバー部分を拭き取ってキレイにします。こどものおねしょや血液などはこの方法で落としていきます。水ぶきだけでも良いのですが、においもしっかり落とすためにおしゃれ着用中性洗剤を使った方法を紹介します。

1: 中性洗剤を薄めた水で、タオルを濡らす

汚れが酷い部分は、軽く叩くようにして落していきます。タオルが汚れたら洗ってを繰り返します。

2: キレイな水で絞ったタオルでさらにキレイにします

汚れを落したらキレイなタオルで再度拭きましょう。これで洗剤をしっかり落としてしまうことが大切です。

3: 乾いたタオルで水分をしっかり取ります

乾かす前に、乾いたタオルで余分な水分をしっかりと取っておきましょう。

4:しっかり乾かす

「タオルで拭いたくらいだから」とそのまま使ってしまうと、カビやダニ・雑菌の温床になります。布団乾燥機を使ったり、部分的ならドライヤーも有効です。

専門業者でクリーニング

布団は水洗いですが、マットレスの場合には高温のスチームクリーニングがメインになります。スプリングマットレスはクリーニングしてもらえますので、自宅での洗濯が難しい方はお願いしても良いでしょう。

高反発ウレタンマットレスは水洗いができる宅配布団クリーニング業者であれば、受けつけてくれることもありますのでホームページを確認するか直接問い合わせてみましょう。

マットレスクリーニングの場合、両面クリーニング・片面クリーニンのどちらかを選ぶことができ料金もそれによって違います。

シングル(片面)6,000円〜12,000円
セミダブル・ダブルシングル(片面)10,000円〜15,000円
クイーン・キングシングル(片面)13,000円〜20,000円
ベビー・キッズシングル(片面)7,000円〜10,000円
側面別料金

マットレスクリーニングは布団と違って、片面づつ・側面のクリーニングになりますので布団のクリーニングよりも高額になります。上記は片面の金額になりますので、「子供のおねしょを洗濯したい」「ペットが粗相した」ようであれば片面クリーニング頼むのも良いでしょう。

【種類・素材別】マットレスの洗濯方法

高反発ファイバーマットレス・高反発ウレタンマットレス・防水マットレスが洗濯できることが分かったところで「マットレスはどのように洗濯するか」を説明していきます。

マットレスの種類によってそれぞれに適した洗濯が必要になりますので、マットレスを長持ちさせるためにもしっかり読んでください。

スプリングマットレス

ベッドのマットレスに多く使われているのが、スプリングマットレスです。マットレス内部にスプリングが内蔵されているマットレスは全てこのスプリングマットレスになります。

中にスプリングが内蔵されているものは、家庭で水洗いすることはできませんので定期的に側面の汚れを落しておきましょう。

タオルを洗濯液につけてかたく絞ったら、表面を撫でるようにして拭いていきます。全体を拭き終わったら、乾いたタオルでサッとふいて天日干しします。

部分的な汚れなどは染み抜きの要領で、叩くように落としたら水分をしっかり拭いて乾かしましょう。ドライヤーなどを使えば、部分的な水は簡単に乾きます。

汚れが全体に広がるならクリーニング

カビ除去・ダニ退治効果もありますので、クリーニングはおすすめですが専門のクリーニング店に出す必要があることや費用が高いデメリットがあります。マットレスをどれだけ使用しているのか、クリーニングにだすのか新品を購入した方がいいのかなどをよく考えてみましょう。

高反発ウレタンマットレス

水洗い可能なマットレスであれば自宅で洗濯することができますのでチャレンジしてみましょう。カバーが取り外しできるものは、カバーは洗濯機でマットレス本体は浴槽を使って押し洗いします。

カバーが外せないものは水拭き

カバーとマットレスが一体化しているものは、水洗いできないものが多いので中性洗剤を溶かした液でタオルを絞って拭き取りましょう。

高反発ファイバーマットレス

カバーがついたものが多いので、カバーは洗濯機で洗います。カバーは乾燥機にかけると縮んでしまい、マットレスが入らなくなってしまうこともありますので、乾燥機は使わずに天日干しします。

マットレスは水洗いできるので、浴槽を使って押し洗いし水をきったらしっかり乾かしてください。

低反発マットレス・ラテックス

人気の低反発マットレスは水に弱いので水洗いすることができません。クリーニングも不可になりますので、水ぶきするかこまめに干して湿気をため込まないようにします。

1日使ったら立てかけて敷きっぱなしにしないこと、週末には天日干しにするか布団乾燥機をかけておきます。表面だけを拭くだけにして、中に水が入らないように心掛けてください。

こどものおねしょやペットのおねしょがついてしまった場合には、残念ですが買い替えるしかありません。

洗濯しない時のマットレスのケア方法

水洗いできるマットレスも毎週洗濯するのは難しいもの、月に1回程度は水洗いでスッキリさせておきたいのですが、毎日の汗はなんとかしてケアをしておきたいものです。そんな時には、消臭スプレーを使う・掃除機を使うだけでなく「汚れができるだけつかないようにしておく」ことも考えておきたいものです。

除菌・消臭スプレーを使う

ファブリーズ
引用:Amazon
CMでもお馴染みの「ファブリーズ」は、汗のにおいなどを丸ごと消臭してくれる優れもの。香りも好みで選べますので、毎日のケアにピッタリに製品です。

ただし、あくまでも一時的に消臭・除菌するものですからシーツは週に1回は取り替えて清潔な状態をキープしましょう。

掃除機をかける

布団用の掃除機もありますが、ない場合にはいつも使っている掃除機を使えば大丈夫。表裏はもちろんですが、厚みがあるものは側面もしっかり掃除機をかけましょう。縦横全体的にしっかりかけること。

掃除機の頻度は「3ヶ月に1回」で十分ですが、風通しを良くすることを忘れないこと。

敷きっぱなしにしない

カビやダニの原因は、「湿気」ことです。マットレスは厚みもあるので、あまり関係ないように思えますが布団よりも湿気を多く含みやすいので立てかけたり、扇風機を使って風通しのよい状態をキープするなど工夫しましょう。

シーツを重ねて使う

防水シート
引用:Amazon
シーツを何枚も重ねてつかうと洗濯が大変・蒸れてしまうのでは?と敬遠される方もいますがシールを上手に重ねることでマットレスの汚れを最小限にすることができます。

マットレスの上にシーツを敷くのは勿論ですが、防水シートや敷きパッドを組み合わせることでシーツが汚れても、敷きパッドは2~3週間に1回程度の洗濯で済ませられます。防水シートはこどものおねしょやペットの粗相があった時にマットレスを守ってくれますので汚れを最小限にし「こまめに干す」ことで清潔に使えます。

洗濯できなくても工夫でマットレスは清潔にできます
疲れが取れやすく、肩こりの軽減にも人気のある低反発マットレスは水洗いができないので毎日のケアが必要です。湿気に関しては気をつけていても、困るのは「汚れや臭い」です。

これを最小限に食い止めるには、シーツやカバーを上手に使いながら定期的に掃除機をかけること。少しでもマットレスケアを楽にするために、ちょっとした工夫をしてみましょう。

マットレスを簡単に洗濯したい!そんな時にはこんなマットレスがおすすめ

寝心地なども重要なポイントですが「汚れやすい環境」で使う場合には洗濯できるマットレスを選ぶことも大切です。使いやすさと洗濯の両方を兼ね備えたマットレスはどのようなものなのでしょうか。

三つ折り・二つ折り構造の分割タイプ

マットレスの中材が分けられていて、カバーから取り出せるタイプであれば細かくだして洗濯することができますので女性でも比較的簡単に洗濯が可能です。

大きなマットレスを運んで押し洗いし、水を切って干し物台まで運ぶのは力も必要ですし大変なことです。そう考えると、折り畳みタイプで、中剤が取り外せるものは比較的洗濯が簡単で使いやすいです。

まとめ

クリーニングできるものはプロにお任せすることもできますが、高額なクリーニング料金を支払ってどれだけ使うのかも考えると自分で洗濯できるものはやってしまいたいもの。

今回紹介した方法でマットレスがキレイになれば気持ちも良いですし、ぐっすり安心して眠ることができます。布団と同じように、マットレスも定期的なメンテナンスと洗濯でスッキリさせておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です