ワイシャツの黄ばみはアレが原因だった!気になる黄ばみはクリーニングでスッキリ解決

シャツの襟汚れ

ワイシャツを毎日洗濯しているのに、徐々に気になりはじめる黄ばみにイラッとしたことはありませんか?特に真っ白なワイシャツの黄ばみは目立ちますので「捨てて新しいもの」に買い替えてしまう方もいるでしょう。

ですが、新しいワイシャツもきちんとした予防やケアをしないと同じように黄ばみが起こってしまいます。

クリーニングに出して黄ばみを落とすことはできますが、日常的なケアをプラスすればよりクリーンなワイシャツを手に入れることができます。

今回はワイシャツの黄ばみの原因、家庭での黄ばみ予防にクリーニングでの黄ばみ落としまでを詳しく解説します。

ワイシャツの黄ばみができやすい場所

ワイシャツ襟黄ばみ
ワイシャツが黄ばんでいると、清潔感がなくだらしない印象を周囲に与えてしまいます。自分で気付く場所であれば、処置もできますが知らず知らずに広がっている黄ばみに気づかず着用していたら…恥ずかしいものです。

目立つのは襟ですが、その外にも色んな場所に黄ばみは発生していますので着用する前に入念なチェックを行いましょう。

襟回り

首が密着する襟回りは、一番黄ばみが強く目立ちます。広範囲に広がると、第三者からみても黄ばみがハッキリと見えてしまいますので要注意です。汗に混ざった皮脂だけでなく、整髪料が溶けて襟についてしまうと皮脂汚れになりますので黄ばみやすいです。

袖回り

埃や皮脂や汗が襟と同じぐらいにつきやすいのが、この袖回りです。肌に直接触れている時間が長いので汚れやすくなっています。

脇は閉じていることが多く、汗もかきやすく蒸れやすい部分です。スーツやジャケットを長時間着用すると、より汗も増えますので汗ジミもできやすく黄ばみの原因になります。特にワキガの方は、汗ジミが一般的な方よりも強く濃くなるので黄ばみができやすいようです。

背中

人にもよりますが、ワイシャツの下にインナーを着用しない方は黄ばみができやすいようです。ワイシャツが直接肌に触れることで、汗を吸収するのが原因です。

【知らなかった!】ワイシャツの黄ばみの原因は皮脂だけじゃない

毎日洗濯しても洗剤を変えても黄ばみができてしまうのは「皮脂」が原因です。日常的にかいている汗の中にはアンモニアや皮脂などが混ざっています。

べったりした汗をかきやすい方は特に、皮脂分泌が盛んなために黄ばみができやすくなっります。男性は女性よりも皮脂が多いことも、ワイシャツが黄ばみやすいといえるでしょう。

また紫外線や空気に触れることによって、ワイシャツに付着した皮脂や汚れが酸化しやすくなり黄ばみがどんどん強くなっていくのも原因の一つです。

皮脂汚れは毎日の洗濯で落ちていますが、その洗濯方法が間違っているとしたらどうでしょうか。洗濯しているつもりで、実は黄ばみの原因を作っているかもしれません。

着用して直ぐに洗濯していない

汗をかいていないようでも、1日着用すればワイシャツには汗や汚れが付着しています。それを何日も着用したり、洗わないで放置しているとどんどん汚れが積み重なるだけでなく空気に触れて酸化していきますので洗濯しても落ちにくくなります。

まとめてクリーニングに出す方もいるとは思いますが、それにしても部分洗いだけはやっておくか一度洗濯してからクリーニングに出すようにしましょう。

適量の洗剤を使っていない

洗濯する水の量に対して、洗剤を既定量入れないと汚れに対しての効果が得られなくなります。洗剤の量が少ないと汚れが落ちにくく、多いと衣類に洗剤が残ってしまい黄ばみの原因にもなります。

シャツの黄ばみに適した洗剤を使っていない

黄ばみの原因は「皮脂の酸化」ですから、これをきれいに落とすには「アルカリ性」の洗剤が好ましいです。使いやすい液体洗剤は、中性か弱アルカリ性のものが多いのですが粉せっけんと比較すると実は皮脂汚れが落ちにくいです。

黄ばみが進行したワイシャツは、これではしっかり汚れが落とせないのでどんどん黄ばみが強くなっていきます。液体洗剤でも「黄ばみや黒ずみに強い」ものを選ぶこと。おしゃれ着用洗剤のように、デリケートな素材を洗濯する洗剤はワイシャツには不向きです。

洗濯する時間が短すぎる

ワイシャツは洗濯機で洗うことが多いのですが、洗濯コースをドライや手洗いなどの短時間なコースで洗ってしまうと、洗剤が汚れに吸着できずに落としきれなくなってしまいます。

最近の洗剤は「すすぎ1回」でも洗剤が繊維に残らないものが多くなっています。忙しい現代人のライフスタイルに合わせて「短時間で洗濯ができる」「節水目的」で使われることが多いです。液体洗剤は「部分洗い」にも使えるので、ワイシャツの黄ばみのピンポイントにも使えます。

ワイシャツの黄ばみは洗剤がじっくりと汚れに入り込んで落とすことが大切ですので、「すすぎ1回」できる洗剤を使っていても標準コースで洗濯しましょう。

洗濯ものを洗濯機に入れすぎている

洗濯機の衣類を多く入れすぎると、洗剤が汚れにしっかりと浸透しないので皮脂も落ち着ることがなく黄ばみに変化します。洗濯槽の中には半分から、6分程度に洗濯ものをいれて洗濯してください。

ワイシャツだけを洗濯機で洗うのは面倒でしょうが、タオルなどの日用品と衣類などはできるだけ分けて洗濯するようにしましょう。こうすることで、洗濯機の中もごちゃごちゃすることなく洗剤が汚れに届きます。洗剤は、洗濯ものの量に合わせて使うことも黄ばみの予防になりますので忘れずに。

ワイシャツの黄ばみは家庭でもケアできる

洗濯機にポンとワイシャツを入れるだけでは、部分的な黄ばみが落ちることはありません。毎日の洗濯は全体的な汚れを落とすためにもちろん大切ですが、黄ばみができたときには部分洗いでしっかりと落としてしまいましょう。

全体的な黄ばみはつけ置きが基本

白のワイシャツは黄ばみは非常にわかりやすいので、「全体的に黄ばみが気になる」場合には漂白効果や汚れを分解する力が強いものを使いつけ置きで落としていきます。

漂白剤

衣類用の酵素系漂白剤は、皮脂を分解して落とす効果が期待できます。白いワイシャツであればつけ置き洗い、色柄ものは見えない部分で色落ちしないかを確認してから洗面器に40℃程度のお湯をはって酵素系漂白剤を溶かしたら10分程度つけおきします。

長くつけても黄ばみへの効果は変わりませんが、色物は変色や生地を傷めてしまう可能性もありますので時間は必ず守ってください。

重曹を使う

漂白剤よりもソフトですが、汚れを落とす力のある重曹。40℃程度のお湯にしっかりと重曹を溶かしてワイシャツをつけ置きします。重曹は大さじ1~2を洗面器に入れてお湯で一度落としておきます。完全に溶けたらぬるま湯を洗面器に加えてワイシャツをつけ置きします。

部分的な黄ばみにはポイント洗い

襟だけ、袖だけ黄ばみが気になる場合には、ポイント洗いをおすすめします。

酵素系漂白剤を使う

アタックポイント洗いのような専用の洗剤を使ってもいいですし、オキシクリーンやワイドハイターのような酵素系漂白剤をポイント的につけるのも効果的です。ポイント洗いの洗剤は、直塗りするか歯ブラシでトントンと叩いて落としてください。

セスキ炭酸ソーダを使う

重曹はアルカリ性で重曹よりも作用が高いので、ポイント的な頑固な黄ばみにも効果が期待できます。洗面器にぬるま湯500mlに対して小さじ1のセスキを良く溶かします。黄ばみが気になる部分を洗面器につけて歯ブラシで軽くこすります。力を入れると毛羽立ちがおこりますので、軽く叩くように汚れを落としましょう。

洗濯固形石鹸でこする

洗濯用の固形石けん「ウタマロ」などは、アルカリ性の石鹸ですので黄ばみの原因である皮脂にも効果的です。直接黄ばみが気になる部位にこすりつけるようにして、揉み洗いしたら洗濯機でしっかり洗いましょう。漂白剤だけでは黄ばみがしっかり落ちなかったときにも、石鹸を再びつけてこするとかなり綺麗になります。

台所用中性洗剤

黄ばみの部分に台所用中性洗剤を塗ったら、歯ブラシを使って汚れをかきだしていきます。中性洗剤ですので、比較的軽い黄ばみに有効的な方法です。シミ抜きでも良く使われる方法で、部分的な汚れ落としに適しています。

どの方法でも黄ばみが落ちたら、お湯でしっかりすすいで洗剤を落としましょう。そのあとは、洗濯機に入れて標準コースで洗濯します。部分洗いをしたまま、放置しておくと雑菌が繁殖し黒カビの原因にもなりますので必ずすぐに洗濯しましょう。

頑固な黄ばみはクリーニングで落そう

黄ばみの度合いや、いつから黄ばみが発生したかによっても家庭でのケアでは落とせないこともあります。まだ着れるワイシャツをここで諦めたくない・気にいっているので何とかして黄ばみを落とせないか困っているのなら迷わずクリーニングに出しましょう。

クリーニング店では、黄ばみの状態や繊維に合わせて洗剤を調整したり「シミ抜き」で頑固な黄ばみを落としていきます。家庭では対応できない黄ばみも、クリーニングに出せばスッキリと落とせてしまうこともあるんです。

黄ばみの浸透具合によっては、完全に落とすことができない場合もあります。このような場合には、諦めて新しいワイシャツを購入しましょう。ワイシャツは購入したすぐに、ちょっとした技を使うと黄ばみにくくできます。予防しておけばワイシャツの黄ばみを落としやすくなり、手間も省けますのでお気に入りのワイシャツは予防を施しておきましょう。

クリーニング代金の相場

一般的なクリーニング店白洋舍ネクシ―リネット
150~300円350円5枚1,250円(税込)5枚1,900円(税込)

ワイシャツのクリーニング代金は、200~300円程度とお安い価格になっています。ワイシャツはクリーニングに時間がかからないことや、使用頻度が高く回転率が良いことが理由です。

ワイシャツのパック料金もあり、まとめて出すと安くなるなどのお得なシステムをサービスとしている宅配クリーニングもありますので、自分のペースでクリーニングに出せるところを探しましょう。

ワイシャツの黄ばみを予防しょう

シャツを洗っている人
ワイシャツは黄ばみができやすい衣類ですので、できるだけ黄ばみができないように普段からケアをしておくことが重要です。特に難しいことはありませんので、実践して黄ばみを予防しましょう。

ワイシャツはこまめな洗濯を!

クリーニングに出す方は、ある程度まとめて出すようですが着用してから放置すると汚れが落ちにくくなり黄ばみの原因になります。基本は毎日洗濯することですので、クリーニングに出すのであれば一度洗濯して干したものをスペシャルケアとして出すようにしてください。

お湯で洗濯する

洗濯機で洗う場合、お湯を使うのは難しいかもしれませんが、黄ばみが気になるのであれば襟や袖だけをお湯でポイント洗いしてから洗濯機で洗います。お風呂の残り湯を使う場合には、入浴後を使わずに一度追い炊きしてから使うこと。

粉末洗剤を使う

液体洗剤は中性か弱アルカリ性の性質を持っていますので、粉洗剤と比べると頑固な皮脂汚れが落ちにくくなります。粉洗剤はアルカリ性で頑固な汚れには特に効果的です。最近の粉洗剤は水に溶けやすくなっていますので、洗い残しなどの心配もなく安心して使えます。

洗濯のりを使って見る

洗濯のりはワイシャツをビシッと仕上げるものですが、最近は形状記憶などの効果から使われることが少なくなりました。洗濯のりはスプレータイプもありますので、襟や袖などに軽くつけてかわかしましょう。ノリが一枚の膜となり汚れをつきにくくしてくれます。撥水スプレーも同じ効果がありますので、軽くスプレーしておくと良いでしょう。

ワイシャツの汚れ防止用の専用テープを使う

実は、ワイシャツやカッターシャツの汚れ防止にえりに貼る専用のテープというものもあります。無色のテープで直接シャツに汚れが付くことを予防するためのものです。テープなので、簡単に貼ったり剥がしたり出来て便利ですね。

シーズン毎にクリーニング

毎日家庭で洗濯している方も、月に1回はまとめてクリーニングで黄ばみの元になるものを落としておきます。これなら汚れを蓄積させることもありませんし、ワイシャツがシャキッとしますので毎日気分よく出かけられます。

まとめ

毎日同じシャツを着ていると黄ばみもできやすくなりますので、必ず毎日洗濯しましょう。またお気に入りのワイシャツは着用頻度が高くなるので、汚れもつきやすく洗濯しても落ちにくくなっていきます。

黄ばみだけでなく黒ずんでしまう前に、予防をしておくことが大切です。万が一黄ばみができてしまった場合には、家庭でできる黄ばみ落としを実践してみてください。

それでも落ちないものはクリーニング店にお任せしてしまうのが一番です。クリーニングでも頑固な黄ばみや、経年変化によって黄ばみが染みついてしまったものは落ちないこともあります。シミ抜きを施すことで目立たなくすることもできますので、諦める前にクリーニング店に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です